CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 本名陽子

本名陽子

本名陽子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

本名 陽子(ほんな ようこ、1979年1月7日 - )は、日本の声優、女優、歌手、ナレーター。埼玉県草加市出身。リマックス所属。

経歴

1979年1月7日に埼玉県草加市で生まれた。本名の激しい人見知りを心配した親の勧めにより、4歳の時に劇団日本児童に入団。子役として中学卒業時までに約180本のドラマ、映画、舞台、CMなどに出演。『レ・ミゼラブル』のリトルコゼット役を演じる。

中学1年時の1991年、『おもひでぽろぽろ』において声優としてデビューし、主人公の少女期を演じる。1995年には同じくスタジオジブリ作品の『耳をすませば』の月島雫役で主演。主題歌「カントリー・ロード」(「故郷へかえりたい」に独自の日本語歌詞をつけた曲)も歌い、シングル発売された同曲はオリコン最高22位を記録、約20万枚を売り上げ、その年の新人アーティストTOP10入りを果たした。

その後、東京都立両国高等学校を経て創価大学文学部外国語学科(ロシア語専攻)への進学を果たすものの、これを理由に一旦は芸能活動を休止。しかし、同大学卒業後にWAHAHA本舗の裏方の仕事に携わったことをきっかけとして、映画『ショコラ』の吹き替えで活動を再開。2004年からは『ふたりはプリキュア』でキュアブラックこと美墨なぎさの声を担当し、テレビアニメでの初主演となる。2005年にはゲーム『サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜』で吉野杏里役を担当し、同作品のレビューショーにも出演する。

2006年9月、新宿芸能社第8回公演『ちんどん』に出演以降、第11回公演『銀座通りのデカプリオ』、第12回公演『歌の翼にキミを乗せ』でヒロインを演じる。劇団名が昭和芸能舎となってからは、第15回公演『ラストコーラス』に主演として参加し、初の舞台主演となる。以後も舞台や海外映画の吹き替えを主として活動している。

2014年7月30日のブログにて一般男性との結婚を発表。2015年6月20日には第1子となる女児を出産。2017年5月5日には第2子となる男児を出産。『金曜ロードSHOW!』で自身の出演作『耳をすませば』が放送され、自身もそれを見ながら実況するニコニコ生放送での番組出演中にこのことを明かすとともにブログを更新しており、その中で一度流産を経験したことも告白している。


81プロデュースを経て、リマックス所属となった。

特技・趣味

特技は、イタリア語、ロシア語、ピアノの演奏、タップダンス。

また、本人の公式サイトの記述によれば、テニス、書道(6段)、ジャグリング、朝鮮舞踊も特技として挙げられている。趣味は、カフェ巡り、料理、写真、読書、舞台・映画鑑賞。海外旅行をすることもあるという。

活動の傾向

イタリア語の堪能さを買われ、アニメ『とある魔術の禁書目録II』、『カンピオーネ!』では監修として参加している。

2009年にピアニストのMarcielo、音効パーカッショニストのJunJunと音楽ユニット「宇宙時計」を結成しており、作詞作曲のほか、アクセサリーのプロデュースなども行っている。

スタジオジブリの劇場長編に縁が深く、計3作品に出演のほか、ジブリ美術館ライブラリーのナレーションも務めている。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。