お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

春風亭柳若



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

春風亭 柳若(しゅんぷうてい りゅうじゃく)は、落語の名跡。過去に麗々亭柳若を含めると5人ほどいたとされている、柳派の前座名の一つ。当代は大師匠・8代目春風亭小柳枝、師匠・瀧川鯉昇が名乗った経緯もある一門ゆかりの名前。

  • 麗々亭柳若 - 後の入船米蔵(本名は福井定吉、「ガンモドキの米蔵」)。
  • 麗々亭柳若(明治元年1月10日 - 没年未詳) - 曲独楽の16代目松井源水の弟で4代目麗々亭柳橋の門人。1890年から1893年まで確認できる。
  • 春風亭柳若がもう一人いたようである。
  • 春風亭柳若 - 後の桂文三(本名は浅倉喜一郎)。
  • 春風亭柳若 - 後の8代目春風亭小柳枝(本名は西川長)。
  • 春風亭柳若 - 後の瀧川鯉昇(本名は山下秀雄)。
  • 当代春風亭柳若 - 本項で詳細。

  • 春風亭 柳若(しゅんぷうてい りゅうじゃく、本名:溝口 摂、1971年5月26日 - )は、日本の落語家。鹿児島県鹿児島市出身、落語芸術協会所属。出囃子は『お若いの』。現在二つ目。落語芸術協会若手ユニット「成金」メンバー。

    略歴

    • 小学校2年生まで千葉県船橋市で過ごす。
    • 鹿児島市立坂元中学校、鹿児島県立鹿児島中央高等学校を経て、東海大学文学部広報メディア課程を卒業。
    • 2008年9月 - 社会人を約10年経験したのち瀧川鯉昇に入門する。前座名「鯉ちゃ」。
    • 2012年9月 - 二つ目昇進し「春風亭柳若」と改名。

    人物

    • フジロックフェスティバルには初回から参加。毎年必ず会場に足を運んでいる。

    脚注

    出典

    • 諸芸懇話会、大阪芸能懇話会共編『古今東西落語家事典』平凡社、ISBN 458212612X
    • 古今東西噺家紳士録

     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。