CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 菊池洋子

菊池洋子

菊池洋子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

菊池 洋子(きくち ようこ、1977年10月18日-)は、日本のクラシック音楽のピアニスト。日本人として初めて、第8回モーツァルト国際コンクールで優勝した。

経歴

群馬県前橋市生まれ。桐朋女子高等学校卒業後、イタリアのイモラ音楽院へ留学。これまでにピアノを田中希代子、林秀光、フランコ・スカラの各氏に、フォルテピアノをステファノ・フィウッツィに師事。1997年、ミラノでソロ・リサイタルを開催したほか、ユベール・スダーン指揮シチリア交響楽団のコンサートツアーのソリストに抜擢された。2002年1月、第8回モーツァルト国際コンクールで日本人として初めて優勝。翌年2003年にザルツブルク音楽祭のモーツァルト・マチネに出演してモーツァルトのピアノ協奏曲第21番をアイヴォー・ボルトン指揮ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団と共演。2006年にはオーケストラ・アンサンブル金沢のアジア・ツアーのソリストを務めた。以後、世界各地でのソロ・リサイタルを行うほか、日本国内主要オーケストラをはじめハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン交響楽団、南西ドイツ・フィルハーモニー交響楽団、フランツ・リスト室内管弦楽団、スロヴェニア放送交響楽団、上海交響楽団、香港シンフォニエッタ等と共演、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭やパレルモ音楽祭等からも招かれている。また近年はホルンのラデク・バボラークとのデュオでも活躍している。現在はオーストリアウィーン在住。

賞歴

  • 2002年 第8回モーツァルト国際コンクール優勝
  • 2007年 第17回出光音楽賞受賞
  • 第18回ミュージック・ペンクラブ音楽賞受賞
  • 第1回上毛芸術文化賞(音楽部門)受賞
  • ディスコグラフィー

    • モーツァルト・アルバム(2005年8月)
    • バラエティー/モーツァルト:ピアノと管楽のための五重奏曲(2006年9月)
    • モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番(2006年11月)
    • モーツァルト:ピアノ・ソナタ集 第1・12・17番(2009年1月)
    • フレンチ・リサイタル 20世紀フランス近代ホルン&ピアノ作品集(2011年3月)―ラデク・バボラークとの共演
    • ベートヴェン・コラボレーションズ(2011年9月))―ラデク・バボラークとの共演
    • ロマンティック・アンコール(2013年5月)
    • 究極ベスト100◆モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番&第21番(2014年11月)

    メディア出演

    • きらクラ!(2013年3月3日、NHK-FM):ゲストMCとして出演
    • 『芸術新潮』(2019年6月号、新潮社):第2特集「ウィーンの音と暮らすー伝説の巨匠との出会い」

    脚注


     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。