お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

小曽根真



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

小曽根 真(おぞね まこと、1961年3月25日 - )は、日本のジャズピアニスト。父はピアニスト兼ハモンドオルガン奏者の小曽根実、妻は女優の神野三鈴。

人物・来歴

1961年神戸市生まれ。須磨浦学園須磨浦小学校卒業。父の影響で5歳からクラシックピアノを習うも、バイエルの練習に飽き、ハモンドオルガンに転向し天才奏者と呼ばれる。12歳の時にオスカー・ピーターソンのソロ・ピアノを聴き、ジャズ・ピアノを始める決意をする。1976年15歳でプロデビュー。神戸市立葺合高等学校卒業。

1980年に渡米し、ボストンのバークリー音楽大学に入学。

1983年バークリー音楽大学のジャズ作・編曲科を首席で卒業後、同年6月にニューヨークのカーネギー・ホールにてソロ・ピアノ・リサイタルを開く。このとき、ちょうど見物にきていたクインシー・ジョーンズに見出されて米CBSと日本人初のレコード専属契約を結び、アルバム『OZONE』にて全世界デビュー。

グラミー賞受賞アーティスト、ゲイリー・バートン(ヴィブラフォン奏者)とワールドツアーを行う。この後、CBSから3枚のアルバムをリリース。

1990年に帰国し、ビクターへ移籍、同社からは3枚のアルバムをリリース。

1994年、ユニバーサルミュージック/ヴァーヴ・レコードへ移籍。

1996年、「MAKOTO OZONE TRIO」を結成。1999年、ニューヨークへ再移住。

2000年、「MAKOTO OZONE TRIO」の新ベーシストにJames Genusを迎える。同年、初のベスト・アルバム『wizard of OZONE〜小曽根真ベスト・セレクション』をリリースしベストセラーとなる。

2001年『スイングジャーナル』誌読者人気投票で2年連続4冠制覇。

2002年デビュー20周年、ヴァーヴ移籍後10作目となるスペシャル・アルバム『トレジャー』を発表。チック・コリア、マイケル・ブレッカー、ゲイリー・バートン、ジョン・ヘンドリックス等豪華ゲストを迎えた。また、『THEドラえもん展』に「あなたのドラえもんを聴かせてください 」との依頼を受け、小曽根真トリオ 名義で、ベースにJames Genus、ドラムにClarence Pennを迎え、録音を行い、マキシシングル盤の『ドラえもんのうた cw 青い空はポケットさ』を会場限定で販売した。

2003年ゲイリー・バートンとのデュオ・アルバム『ヴァーチュオーシ』が第45回グラミー賞『ベスト・クラシカル・クロスオーバー・アルバム』部門ノミネート。7月スタンダード・ジャズに積極的に取り組んだ意欲作『Reborn/リボーン』をリリース。9月、母校バークリー音楽大学より『名誉博士号』を授与される。10月『第18回国民文化祭・やまがた2003』開会式にて、総合プロデューサーの作家・井上ひさしからの依頼により、書き下ろしのピアノ・コンチェルトを山形交響楽団と共演、指揮も務める。

2004年3月、伊藤君子のレコーディングのために、エリック宮城らと共にビッグバンド「No Name Horses」を結成。7月、The Trioにストリング・カルテットをフィーチャーしたニューアルバム『New Spirits/新世界』をリリース。

2005年7月ザ・トリオとしては10枚目のアルバム、またFender Rhodesを積極的に取り入れた『REAL』をリリース。2005年9月塩谷哲とのピアノデュオアルバム『MAKOTO OZONE&SATORU SHIONOYA』をユニバーサル、ビクターから二枚同時にリリース後、全国のクラシック専用ホールにてピアノデュオコンサートツアーを行う。

2006年1月18日、No Name Horsesとしては初のアルバム『No Name Horses』をリリース。

2007年、ジョン・レノンやAIなどのカバーも収録したピアノ・ソロ・アルバム『Falling in love, again』発表。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
■大人
S席:3,000円(全席指定・税込)

【ご注意】
★カード決済のみ。4/20(土)10:00以降に
セブン-イレブン店頭レジにてチケットをお受取りください。
★チケット受取り時まで、席番はわかりません。予めご了承ください。
※電話予約不可
2019年5月5日 (日)
東京国際フォーラム
ホールA:コロンブス
販売終了