お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

中川英二郎



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

中川 英二郎(なかがわ えいじろう、1975年10月7日- )は、日本のトロンボーン奏者。東京都出身。

略歴

父がトランペット奏者の中川喜弘、兄が作曲家・編曲家の中川幸太郎、さらにクラリネット奏者の中川武、トロンボーン奏者の中川敦嗣を叔父に持ち、祖父も新交響楽団(NHK交響楽団の前身)のバイオリン奏者という音楽一家に生まれる。音楽一家だけあって幼少期から様々な楽器が身近にあったが、6歳の時にジャズのスタンダードナンバー『シング・シング・シング』のイントロのフレーズがかっこいいと思い、父親と親交のあった数原晋に貸していたというトロンボーンを返してもらいトロンボーンを始める。この頃からあらゆるトロンボーン奏者のコピーを行い、8歳の頃には既に父・喜弘のバンドの準メンバーとして活動を始めていたという。

クラシックのトロンボーン奏者に習っていたこともあり、東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校に進学。高校入学後から学業と平行してスタジオ・ミュージシャンとしての活動を行い、1992年には弱冠16歳にして初のリーダーアルバム「EIJIRO NAKAGAWA & FUNK '55」を発表する。スタジオ・ミュージシャンとしての活動は幅広く、数多くのアーティストのレコーディングに参加している。前述のとおりジャンルを問わず音楽活動を行っていたこともあり、クラシック分野でも東京佼成ウインドオーケストラのゲストプレーヤーとしての参加や、読売日本交響楽団との競演を果たしている。

2001年に活動の拠点をニューヨークに移し、ジム・ピュー (Jim Pugh) とのトロンボーンユニット「E'nJ」(イーエンジェイ)をはじめ、カルテット「Slide Style」や金管(ドラムス含む)10重奏「侍Brass」などで活動を行っている。父・喜弘や兄・幸太郎との競演作も多い。

2008年には連続テレビ小説「瞳」のテーマ曲演奏も手がけている。

2018年にジョゼフ・アレッシ(joseph Alessi), マーシャル・ギルクス(Marshall Gilkes), ブラント・アテマ( Brandt Attema) ら世界的なトロンボーン奏者とカルテット「SLIDE MONSTERS」を結成、同名アルバムの発表とともに全国7会場にて公演を行った。

ディスコグラフィー

  • リーダーアルバム(すべてキングレコードから)
    • EIJIRO NAKAGAWA & FUNK '55 (KICJ-8253)
    • BABE (KICJ-243)
    • PEACE (KICJ-333) - ブレッカー・ブラザーズと競演
    • E (KICJ-527)
    • TRISENSE (ENR-140701)
  • 「E'nJ」名義
    • LEGEND AND LION (SKEJ-030707) - デヴィッド・マシューズプロデュース
    • E2'nJ2 (TNC recordings / TNC JAZZ CD-1720)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。