お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

関口純



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

関口 純(せきぐち じゅん、正字は關口純)は日本の作曲家・演出家・脚本家。楽劇座芸術監督。曾祖父はドイツ語学者・演劇人の関口存男。十代の頃より音大教授に師事しクラシックの作曲を学ぶ。二十歳前後よりジャンルを超えた創作を開始。ポピュラー音楽の試作を試みる傍ら、オリビエ・メシアン、ジョン・ケージ、武満徹などの現代音楽に傾倒。また演劇の分野では、両親の仕事の関係で幼少時代より新劇の舞台には親んでいたものの、学生時代に受けたフランス近代演劇の授業が演劇との決定的な出会いとなった。

その後、劇作家・津上忠氏の演出助手等、演劇の研鑽を積む傍ら、作曲家としてはNTT等企業の音楽や前進座等の舞台音楽、ポピュラー音楽の作・編曲・プロデュース、etc。日本テレビ音楽(株)顧問(サウンドプロデューサー)などを経て、2010年からは楽劇座芸術監督として、すべての作品で脚本・演出・作曲を担当し、定期的に作品を発表し続けている。

来歴・人物

東京都目白文化村生まれ。曾祖父や両親が演劇の仕事に携わっていたため、子供の頃から演劇関係者が出入りする環境で育つ。作曲家として活動を始めた20代の頃、故・津上忠氏(前進座)の元で演出助手・音楽家として経験を積む。その後、日本テレビ音楽(株)で顧問のサウンドプロデューサーに就任し、作曲・編曲・プロデュースに携わる。

自身にはエンタテイメントよりもアートの方が自然だ、と思い始めた時にピナ・バウシュの舞踊やコムデギャルソンの川久保玲のクリエイションに触れる。2010年に自身の劇団・楽劇座を結成し、故・河竹登志夫氏より祝辞を賜る。2012年より、新宿御苑近くのRrose S?lavyにて毎月定期公演を開始。毎月欠かす事なくオリジナル作品の上演を続け、劇団の立ち上げから77公演を記録(2018年3月現在)。これは同作・演出・音楽家が手掛ける公演としては、日本演劇界の中でも異例の数字となっている。

代表作

特に記載がない限り、全て脚本・演出・音楽を担当。

  • 舞台『七つの大罪 そして…』(原案:ベルトルト・ブレヒト)
  • 舞台『君がいた夏、ボクはひとりでかき氷を食べた。ごめん…』
  • 舞台『有栖川家の密やかな愉しみ』(「不思議の国のアリス」と「毒入りコーラ事件」を題材とした)
  • 舞台『ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた』シリーズ

監修

  • 2018〜2019年『存在の男』展(企画・運営 三修社)

脚注

外部リンク

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。