お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

柴田理恵



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

柴田 理恵(しばた りえ、1959年〈昭和34年〉1月14日 - )は、日本の女優、お笑いタレントである。富山市特別副市長。北海道羅臼町昆布大使。

来歴

1959年1月14日、富山県婦負郡八尾町(現:富山市)に柴田家の1人娘として誕生。母の実家は老舗旅館で、夏休みには接客を手伝っていた。

富山県立八尾高等学校を経て明治大学文学部演劇学科に進学。大学卒業後は劇団東京ヴォードヴィルショーに入団するも、1984年に脱退し、佐藤正宏や久本雅美らとともにWAHAHA本舗を旗揚げした。

以降、WAHAHA本舗の看板女優として舞台に立ち続け、映画やテレビドラマ、バラエティ番組にも活躍の幅を広げていく。

2005年5月に東京都内の総合病院で子宮動脈塞栓術を受けたが、2泊3日で退院し、すぐにテレビドラマの撮影に参加した。その後、筋腫は徐々に縮小し、子宮は2年で治療前の4分の1の大きさになったという。

2006年6月にアメリカ合衆国で公開されたユニバーサル・ピクチャーズ製作の映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』では高校教師役を演じ、ハリウッドデビューを果たした。

2013年8月、北海道羅臼町から昆布大使に任命される。2016年6月には富山市特別副市長に就任し、市長の森雅志から手すきの八尾和紙でできた委嘱状を受け取った。

2014年、舞台『淑女のロマンス』での演技が評価され、第14回バッカーズ演劇奨励賞を受賞する。

ビデオリサーチによる2017年2月度のタレント人気度調査(女性部門)では、42位にランクインした。

人物

  • 身長:156cm、体重:53kg、バスト:90cm、ウエスト:63cm、ヒップ:89cm。
  • 28歳の時に、学生時代の同級生だったWAHAHA本舗の舞台監督と結婚し、劇場に観客を入れて「公開結婚式」を執り行った。婚姻に際しては夫側が、柴田家に婿入りしたため、結婚後も苗字は柴田である。夫婦間に子供はいない。
  • 1987年に創価学会に入会した後に芸術部中央委員に着任する。
  • 2000年代後半に名古屋市内でロケを行っていたところ、不法投棄のゴミの山の中に子犬が捨てられているのを見つける。その子犬の左の後脚には障害があり、切断出術が必要な状態だった。柴田は子犬を動物病院に預けたが、引き取り手が見つからなかったため、自らが引き取って「晴太郎」と命名した。名前の「晴」の字は、この子犬を見つけた際に加藤晴彦とロケをしていたことに由来する。柴田が酒に酔って帰宅すると、晴太郎は柴田だけが理解できる「犬語」で説教を始めるという。
  • 2016年2月に白内障手術を受けた結果、8歳の時から悩まされていた近視が改善され、近視用の眼鏡をかける必要がなくなった。ただし、白内障を手術したことで眩しさに敏感となり、屋外ではサングラスが手放せなくなる。さらには老眼が進んでいることから老眼鏡をかけているほか、仕事では伊達眼鏡もかけている。
  • 吉田鋼太郎と生年月日が同じである。ただし長きにわたって共演の機会が存在せず、2018年4月26日放送の『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ)でようやく初対面を果たした。

出演


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
1階席:10,000円
2階席:5,000円
3階席:3,000円
(全席指定・税込)
2019年4月5日 (金) 〜
2019年4月18日 (木)
新歌舞伎座
販売終了

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席(前売):7,000円
A席(前売):5,000円
B席(前売):3,000円
(税込)
2019年5月29日 (水)
岩手県民会館
大ホール