CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 石井雅登

石井雅登

石井雅登



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

石井 雅登(いしい まさとう、1982年11月13日 - )は日本の俳優、歌手。香川県出身。元劇団四季所属。

経歴

東京藝術大学音楽学部声楽学科卒業、在学中小澤征爾音楽塾に参加し塾生代表を務める。2004年に劇団四季のオーディション合格。『オペラ座の怪人』にて初舞台を踏む。その後、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『間奏曲』にも出演。『ジョン万次郎の夢』ではタイトルロールを演じた。他代表的な役柄に『夢から醒めた夢』のエンジェル役、『キャッツ』のスキンブルシャンクス役、『赤毛のアン』のギルバート・ブライス役など。

『ライオンキング』のシンバ役、『ウェストサイド物語』のトニー役等にもキャスティングされていたが、2008年11月に劇団四季を退団。

現在は株式会社アシストに所属。舞台、テレビを中心に活動する一方、ライブやコンサート等音楽活動も積極的に行なっている。

2016年にファーストアルバム『お月さまへようこそ』をリリース。

人物

  • 香川県出身、地元愛が非常に強く、頻繁に帰省している。
  • 幼少期よりヴァイオリン、トランペット、バレエ等の英才教育を受ける。三線、サックス、ギター、ベース等多くの楽器を演奏する。
  • 小学生の頃より始めた釣りは腕前、知識共にアマチュアの域を大きく超える。
  • 実家が喫茶店を営んでいたことでコーヒーとカレーについては熟知している。
  • PC関連にはとても弱い。
  • 中学、高校の教員免許を持ち、後進の育成も積極的に行なっている。
  • 2017年、香川県文化芸術新人賞受賞。
  • 故東敦子、故鈴木寛一に師事。

劇団四季での主な出演作品

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。