お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

岩瀬晶子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

岩瀬 晶子(いわせ あきこ)は日本の俳優・劇作家・脚本家・舞台プロデューサーである。

栃木県宇都宮市出身。とちぎ未来大使。米国ウィリアム・アンド・メアリー大学卒業。CAMINO REAL(カミノレアル)所属

来歴・人物

  • 栃木県立宇都宮女子高等学校在学中に、英語弁論大会栃木県代表として全国大会に出場。カリフォルニア州の高校へ一年間留学し、高校卒業後に再び渡米。
  • 米国の名門大学として知られるバージニア州立ウィリアム・アンド・メアリー大学(The College of William and Mary)で国際関係学部を専攻。在学中は、メキシコの児童養護施設でのボランティアの他、ヨーロッパやアメリカを数か月かけてバックパッカーとして一人旅をする。アジアやアフリカへの旅も含め、これまでに約40か国を訪れている。メキシコでボランティアをしていた際の現地の劇団との出会いがきっかけで、大学卒業後は舞台俳優を志すようになり、劇団青年座研究所実習科卒業。
  • フリーとして様々な舞台に出演しているうちに脚本執筆を頼まれるようになり、奈良橋陽子氏率いるユナイテッド・パフォーマーズ・スタジオ(UPSアカデミー)の卒業公演や、奈良橋氏が演出を手掛けた舞台などの脚本を執筆。
  • 2008年には自ら企画・脚本を手掛ける『日穏-bion-』(びおん)を立ち上げ、以来毎年プロデュース公演を行っている。日穏-bion-の作品は、社会的なテーマを盛り込みながらも、分かりやすく、笑えて泣けて観終わった後に心がじんわり温かくなる作品が特徴。出演者はその都度集めて公演を行っている。
  • 2017年に短編演劇コンテスト「劇王東京III」で優勝し、全国大会となる「神奈川かもめ短編演劇祭」で岩瀬が「俳優賞」と「戯曲賞」をダブル受賞。また、2016年に上演した介護をテーマにした家族劇「月の海」がドラマプロデューサーの目にとまり、それがきっかけでテレビ朝日「警視庁捜査一課9係 Season12」の脚本を執筆。翌年には「特捜9」の脚本も担当した。
  • 2019年には、木村多江、古谷一行主演のNHK BSプレミアム『ドラマ×マンガ お父さんと私の”シベリア抑留”〜「凍りの掌」』のドラマパートを共同執筆。
  • 2020年度の劇団青年座公演に新作を書き下ろす事が決まっている。
  • 役者としては数々の舞台に出演する傍らハリウッド映画にも出演しており、2016年に公開されたジェイソン・ザダ監督の「-JUKAI-樹海」(原題:The Forest)に続き、2019年公開のリドリー・スコット製作総指揮、ワッシュ・ウェストモアランド監督のNetflix映画「アースクエイクバード」(原題:Earthquake Bird)に出演。80年代の日本を舞台にしたサスペンス映画で、アカデミー賞女優のアリシア・ヴィキャンデル扮するルーシーの友人・Kato役として重要な役を演じている。
  • 2020年公開のジョニー・デップ主演映画「ミナマタ (映画)」(アンドリュー・レヴィタス監督)にはMasako Matsumura役で出演。ベルリン国際映画祭のプレミア上映で、ジョニー・デップや真田広之と並んでレッドカーペットを歩く。
  • 幼少期からバレエを習っていたためダンスが得意で、大学時代はミュージカルにも出演。アメリカ滞在中に日本の文化に興味を持ち、帰国してすぐに日本舞踊を習い始め現在に至る。着付けも得意。
  • 母方の祖父は、児童文学者で後の日本児童文学者協会名誉会長の藤田圭雄氏である。
  • 出演

    舞台

    • 日穏-bion-全作品 (作:岩瀬晶子 演出:たんじだいご)
     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。