お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードへの新規入会+チケット購入で1,500カンフェティポイントプレゼント!

ウェイウェイ・ウー



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ウェイウェイ・ウー(WeiWei Wuu, 1968年12月6日 - )は、中国・上海市生まれの二胡奏者、作曲家。所属レーベルは、葉加瀬太郎が主宰するハッツアンリミテッド。

本名は巫 謝慧。父は作曲家で碗琴奏者の巫洪宝、妹はシンガーソングライターのamin(巫 慧敏)。

略歴

上海音楽学院付属小学校を経て、上海戯曲学校で二胡とヴァイオリンを専攻。

1991年に来日し、二胡奏者として活動するほか、東京都内で二胡教室(心弦二胡教室)を主宰している。

演奏スタイルに独自のスタンディング奏法を取り入れ、国内外のアーティストやオーケストラとのコラボレーション、ロック、ジャズ、クラシックなど様々なジャンルとの共演を行っている。

ライブやレコーディングの際には、二胡ではなくヴァイオリンやボーカルを主担当として参加する場合がある。

2014年より岐阜県・白川郷の観光ふるさと大使に就任。

2016年より東京・武蔵小山に自身がプロデュースする中国茶カフェ「WeiWei's Cafe」をオープン。オーナーを務めている。

来歴

2002年、『メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー』でメジャー・デビュー。

2003年、coba、渡辺香津美、中西俊博などを迎えた2ndアルバム、『上海Red』をリリース。年末の紅白歌合戦で一青窈と共演。

2004年、坂本龍一のプロジェクトで二胡を担当。NHK「みんなのうた」6月〜7月放送曲『この愛を〜お姉さんへ〜ウェイウェイ・ウー featuring アミン』をリリース。同年10月、中西俊博、武部聡志、宮川弾をアレンジャーに迎え、バート・バカラックのメロディーを二胡で奏でた『プレイズ・バカラック』をリリース。

2005年、サントリー烏龍茶CMソングに起用された「チェンジング・パートナーズ」を含むCD『ティー・タイム・セレクション』をリリース。

2006年、二胡で世界一周をテーマに、NHK-BS「スポーツ大陸」テーマソングなどの楽曲を収録したアルバム『ノマド』をリリース。

2007年、NHK「ダーウィンが来た!〜生きもの新伝説〜」のエンディング・テーマで、ケニー・Gと共演する。同年6月、ダーウィンが来た!EDテーマ「ボイジャーズ 〜イースト・ミーツ・ウエスト」、テレビ朝日スペシャルドラマ「玉蘭」テーマ曲など、多数のタイアップ曲を収録したアルバム『チャイナ・ブルー』をリリース。このアルバムは「ADLB AWARDS 2007」を受賞した。

2008年、在日17年の思いを綴ったオリジナル曲やクラシック曲を中心に、三宅一徳が全曲アレンジを担当したアルバム『ティアーズ』をリリース。

2009年、世界的に活躍する二胡奏者が一堂に会した「二胡サミット IN 東京」をプロデュース。また、同年に放映が始まったTBS系ドラマ『JIN-仁-』のMain Titleで二胡を担当する。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。