お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティウェブ12周年

山口智子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

山口 智子(やまぐち ともこ、1964年10月20日 - )は、日本の女優である。戸籍名:唐澤 智子(からさわ ともこ)、旧姓:山口。栃木県栃木市出身。研音所属。身長170cm。

来歴・人物

栃木市立栃木西中学校時代には生徒会会長を務めた。栃木県立栃木女子高等学校、青山学院女子短期大学家政学科卒業。短大在学中は広告研究会所属。実家は栃木市内にかつて存在した老舗旅館の鯉保(こいやす・2005年8月31日廃業・現在は跡地がファミリーマートになっている)。俳人松尾芭蕉を経済的にも支援した門弟杉山杉風の子孫にあたる。

1986年、東レキャンペーンガールとしてデビュー。1987年にはこの年からスタートしたアサヒビールのキャンペーンガールにも就任。当時はボックスコーポレーションに所属していた。この頃、コマーシャル・モデルの仕事もしていて、東急イングループのパンフレット(総合案内、結婚式用)のモデルを務めた。

1988年度下半期放送NHK連続テレビ小説『純ちゃんの応援歌』でヒロインを務めた。その後、日本テレビやTBS、フジテレビなど数々のトレンディードラマのヒロイン級の役柄を担当し、一躍スターダムにのし上がる。

1990年にはシリーズモノは別として火曜サスペンス劇場枠の2時間ドラマに異例とも言える3作品に主演した。普通は多くても1人2作品程度である。また1990年代、全盛期の山口智子出演ドラマは同世代の女性達から支持を集め、いずれも高視聴率が取れたため「連ドラクイーン」や「高視聴率の女王」とも呼ばれた。

1995年に唐沢寿明と結婚してからは女優業を徐々に縮小し、CMを中心に仕事をシフトしている。

2008年から2010年3月まで中目黒の川沿いに燕子花(かきつばた)という西洋/東洋の伝統工芸雑貨のセレクトショップをオーナー経営していた。

2018年現在は単発的にTV出演などのタレント活動もしている。

主な出演

テレビドラマ

※主演は太字

  • 連続テレビ小説 純ちゃんの応援歌(1988年10月3日 - 1989年4月1日、NHK)- 小野純子
  • 同・級・生(1989年7月3日 - 9月25日、フジテレビ)- 沢口優子 役

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。