お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

折江忠道



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

折江 忠道(おりえ ただみち、1949年9月1日 - )は、日本のバリトン歌手。東京都出身。

経歴

東京芸術大学卒業、同大学大学院修了。渡伊しミラノ・ヴェルディ音楽院で学ぶ。1982年、1983年アレッサンドリア国際コンクール優勝。 1982年ヴィオッティ国際音楽コンクール第2位。1982年のコンクールの優勝によりアレッサンドリア劇場『ドン・ジョヴァンニ』のタイトルロールでオペラデビューを飾り、 以来ヨーロッパ各地の歌劇場でプッチーニ『ラ・ボエーム』『蝶々夫人』、ヴェルディ『リゴレット』などの主要な役で活躍。 藤原歌劇団では1988年『椿姫』のジェルモンで大成功を収め、同役は持ち役の一つとしてたびたび歌っている他、ヴェルディ『マクベス』(タイトルロール)、『ドン・カルロ』(ロドリーゴ)、プッチーニ『トスカ』(スカルピア男爵)、ドニゼッティ『ランメルモールのルチア』(エンリーコ)、『愛の妙薬』(ベルコーレ)、『ドン・パスクアーレ』(タイトルロール、マラテスタ)、ロッシーニ『ランスへの旅』(トロンボノク男爵)などで好評を博している。 2015年1月にはヴェルディ『ファルスタッフ』タイトルロールを歌い、大成功を収めた。日本を代表するプリモ・バリトンとして活躍を続けている。 2015年4月より藤原歌劇団公演監督、次いで2016年4月に総監督に就任。第16回ジロー・オペラ賞受賞。藤原歌劇団団員。京都市立芸術大学名誉教授、昭和音楽大学教授。

参照

外部リンク

  • 昭和音楽大学|折江忠道

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。