お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
シアティ エンタメファンのアプリ

飯塚雅弓



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

飯塚 雅弓(いいづか まゆみ、1977年1月3日 - )は、日本の声優、女優、歌手、DJ。東京都出身。法政大学女子高等学校、法政大学法学部卒業。アクロスエンタテインメント所属。レコードレーベルはLantis。ステイラック付属養成所・Follow-Up講師。かつては所属していた劇団若草の講師を務めていたこともあった。作曲時の名義は星 舞(ほし まい)。愛称はまーちゃんなど。公式ファンクラブはStrawberry Candle

声優としての代表作に『ポケットモンスター』シリーズ(カスミ)、『魔術士オーフェン』(クリーオウ)などが、女優としての代表作に『大地の子』(大沢咲子〈少女時代〉)、『パナマ・ハッティー』(ジェリー)などがある。

来歴

子役として活動

1980年、3歳のときに祖父の知人の紹介で劇団若草に入団。入団したのは礼儀作法を学ばせるためであった。レッスンよりもあいさつや礼儀に厳しく、怒られて泣いていたのを覚えている。翌年の1981年1月11日にTBSの東芝日曜劇場で放送されたテレビドラマ『春のうららの物語』の富子役で子役としてデビュー。劇団若草では「自分にしかないものを人に見せ続けなさい」と言う教えの下、子供ながらただ必死に夢に向かう日々であった。小学校高学年のころには女優を目指していたこともあった。

1983年、父親の転勤に伴い小学1年から5年まで台湾・台中市に移住し、その間は芸能活動を休止している。日本に戻った1987年から同じ劇団若草で芸能活動を再開する。心の中ではずっと戻りたいと思っており、日本に帰ってきた5年生のときに「自分なりに考えてこの世界で頑張っていこう」と決めた。家族は学業との両立を前提に、「自分が本当にやりたいことなら」と応援してくれた。2008年のインタビューでは、ここまで来るのには一人の力じゃできなかったといい、両親や祖父、家族に感謝の気持ちを伝えたいと語っている。

活動再開の当初は思うようにいかず、オーディションを受けても落ちることが多く、運もなく出演作品に恵まれなかった。事実、『若奥さまは腕まくり!』のオーディションで最後の1人まで残ったが、結果は落選している。悔し涙ではあったが最終的に友人役で出演が決まり、楽しい現場だったのをブログで振り返っている。その際に当時の代表であった八重垣緑から「運を呼ぶのも自分の力よ」と言われてハッと気がついたといい、「弱気じゃダメなんだ、自分から引きつけないと」と感じ、そうやってオーディションに挑むようにしてからはドラマ出演も少しずつ増えていった。

子役から声優・歌手へ

1991年、映画『おもひでぽろぽろ』のツネ子役で声優デビュー。声優としての経験がないことから不安ではあったが、「やってみたい」という思いに溢れていた。『おもひでぽろぽろ』のオーディションが自身が初めて受けた声優のオーディションであり、このころはほとんど声優のオーディションとは縁がなかった。

1993年、劇団若草の直営プロダクションである八重垣事務所に移籍。19歳のときからテレビアニメやOVAの仕事が増え、以降は声優としての活動がメインとなるが、現在でも舞台には出演しており、女優としての活動は続けている。

大学時代は「大学4年間で芽が出なければ、この道はスッパリ諦めよう」と限りを設けて、それまでは何が何でも頑張ろうと思っていた。事務所に声優としてデビューした先輩がおらず、マネージャーもどういう現場か分からない中、一人でアフレコに行くことが多かった。自信はなかったが、自分がやってきた芝居がそこで通用するのかと言う気持ちでアフレコに挑んでいた。

1997年、『ポケットモンスター』のカスミ役で広く名前を知られるようになる。先述したように大学卒業までに納得がいくような仕事がなければやめることも考えており、その際にめぐり逢ったのがカスミ役であった。そこから活躍の幅を広げ、8月27日、パイオニアLDCよりアルバム『かたおもい』をリリースし、歌手デビューを果たす。大学入学直前にアルバムを出してみないかという話があり、それまでも何度かアルバムを出す話はあったがまとまらずにその際も半信半疑みたいなところはあった。正式に決まるまでに何回かスタジオで「好きな歌を歌ってください」という課題があり、それをクリアしないとCDデビューの話は実現しないと聞かされてすごくプレッシャーであった。更に10月12日より放送された自身初の冠番組『週刊アニメージュ 飯塚雅弓のまだまだ日曜日だよ!』でメインパーソナリティを務め、本格的にラジオパーソナリティとしての活動も始める。2008年のインタビューでは「すごく世界が広がりましたね。夢はひとつじゃないんだって」とコメントしている。

1998年、東京国際フォーラム ホールAにて自身初のコンサートである『VOICE ANIMAGE Presents 飯塚雅弓ファーストコンサート』を公演。

2010年8月中旬、中国・瀋陽市で開催されたイベント『2010中国瀋陽第二回アニメゲーム博覧会』(2010中国沈?第二届?漫?玩博?会)に出席し、そこで小規模なライブや中国語のスピーチを行なった。

2014年2月28日、八重垣事務所を離れ、3月1日にケンユウオフィスに移籍。2017年9月1日、ケンユウオフィスからにアクロスエンタテインメントに移籍。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定(前売):5,500円(税込)

※WEB予約のみでの受付となります。
2021年9月22日 (水) 〜
2021年9月26日 (日)
俳優座劇場

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
16名限定!5,500円(全席指定・税込) → 4,400円さらに2000Pゲット!(9/16 18時55分更新)

TKTS渋谷店では、9/21〜特別価格!さらに3500Pゲットで発売!

こちらのチケットは、[電話予約]もご利用いただけます。
カンフェティチケットセンター
0120-240-540
(平日 10:00〜18:00)
2021年9月22日 (水) 〜
2021年9月26日 (日)
俳優座劇場