お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

小林桂



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

小林 桂(こばやし けい、1979年5月9日 - )は日本の男性ジャズ・ボーカリスト。東京都出身。

来歴

祖父は村上一徳(ジャズ・スティールギター奏者)、父は小林洋(ジャズピアニスト・アレンジャー)、母は村上京子(ジャズ・ボーカリスト)という家系の次男として生まれ、幼少期よりジャズに親しむ環境に育つ。

3歳の時に遊園地で観たミュージカルがきっかけで、デューク・エリントンの音楽をテーマにした舞台映像を観て夢中になり、5歳にして将来音楽の舞台に立つ事を宣言したと言われている。

5歳からクラシック・バレエの舞台経験を数々したのち、12歳でミュージカルに主演するなど、ジャズ以外のダンスの世界でも話題に。その後15歳の時には、ジャズ・ボーカリスト、ジャズドラマーとして都内のライブハウスで活動し、ジャズプレイヤーの間で注目を浴びるようになっていた。

16歳の時に、阪神・淡路大震災チャリティー・コンサートで、ハービー・ハンコックら世界の一流アーティストとの競演を果たす。17歳に、初のミニアルバム『K列車で行こう〜17歳のジャズ』(ユニコム)発売。

その後、18歳にフルアルバム『18/P.S. I LOVE YOU』(ネクストレコード)を発売。19歳でフルアルバム『My romance』を録音(後の2004年にEMI Music Japanより発売)。20歳でメジャーデビュー・アルバム『ソー・ナイス』(東芝EMI)を発売。このアルバム発売後、「天才ジャズヴォーカリスト・小林桂」の名で全国的に知られるようになり、ジャズ・ボーカル・ブームをメディア間に巻き起こす。

以後、25歳までに11枚のフルアルバム、1枚のマキシシングル、さらにニューヨーク・ブルーノートでのライブDVD、東京・オーチャードホールでのライブDVDなどを発表する。

賞歴

  • 2000年:日本ジャズヴォーカル賞 大賞(ジャズワールド主催)
  • 2001年:ジャズ・ディスク大賞 ニュー・スター賞(スイングジャーナル主催)
  • 2002年:日本ゴールドディスク大賞 ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー
  • 2003年:第57回文化庁芸術祭レコード部門 優秀賞(『ソフトリー』)
  • 2003年:ジャズ・ディスク大賞 ヴォーカル賞(スイングジャーナル主催)
  • 2004年:ジャズ・ディスク大賞 ヴォーカル賞(スイングジャーナル主催)※2年連続

その他

  • 2001年にアニメ映画『メトロポリス』でケンイチ役を演じた。

脚注


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
追加販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定(前売):3,800円(税込)
2018年8月31日 (金)
日経ホール