お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

西本智実



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

西本 智実(にしもと ともみ、1970年4月22日- )は、日本の女性指揮者。

大阪府大阪市出身。大阪府立今宮高等学校卒業、大阪音楽大学作曲学科卒業。身長167.5cm。趣味はドライブと温泉。

略歴

  • 1994年、大阪音楽大学作曲学科を卒業。
  • 1996年、ロシア国立サンクトペテルブルク音楽院(指揮科)へ留学。
  • 1998年、文化庁芸術インターンシップ研修員。同年、京都市交響楽団を指揮して日本国内デビュー。「出光音楽賞」受賞。
  • 2000年、大阪市「咲くやこの花賞」(音楽部門)受賞。
  • 2002年1月、ロシアの民間オーケストラ「ロシア・ボリショイ交響楽団ミレニウム」の首席指揮者に就任。以後2年ほどミレニウムの首席指揮者。
  • 2004年 、チャイコフスキー記念財団・ロシア交響楽団の芸術監督 兼 首席指揮者に就任。ムソルグスキー=ミハイロフスキー記念サンクトペテルブルク国立アカデミックオペラバレエ劇場(旧レニングラード国立歌劇場)の首席客演指揮者に就任。「ニューズウィーク」日本版の「世界が尊敬する日本人100人(10月20日号)」に選出。
  • 2005年、チェコ・ナショナル交響楽団を指揮。
  • 2006年、チャイコフスキー記念財団・ロシア交響楽団の来日公演(5月-6月)で、チャイコフスキーの未完成の交響曲「ジーズニ」(ロシア人作曲家が補作)を指揮(日本初演)。母校である大阪府立今宮高等学校の創立100周年記念式典で大阪フィルハーモニー交響楽団を指揮。大阪音楽大学創立90周年記念コンサートで指揮。ハンガリー国立歌劇場来日公演を指揮。
  • 2007年、世界経済フォーラムの「ヤング・グローバル・リーダー2007」250人に選ばれる。プラハ国立歌劇場来日公演で指揮。リンツ・ブルックナー管弦楽団定期公演を指揮。
  • 2008年、モナコにてモンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団定期公演を指揮。モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団の来日公演を指揮。ブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団のシーズン最初の定期公演を指揮。
  • 2009年、リトアニア室内管弦楽団の来日公演を指揮。ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の来日公演で指揮。プラハ国立歌劇場にて、オペラ「アイーダ」を指揮。
  • 2009年度ベストドレッサー賞(インターナショナル部門)を受賞。
  • 2010年、ラトビア国立交響楽団特別演奏会(ラトビア共和国・リガ)でミッシャ・マイスキーと共演。ラトビア国立交響楽団の日本公演を指揮し、ミッシャ・マイスキーと共演。
  • 2010年、リトアニア国立交響楽団特別演奏会でスミ・ジョーと共演。ヴィルニュス音楽祭2010に招聘される。ロシア国立交響楽団首席客演指揮者に就任。ロサンゼルスとオレンジカウンティにてパシフィックシンフォニーオーケストラを指揮、スミ・ジョーと共演。カーネギー・ホールにてアメリカ交響楽団を指揮、スミ・ジョーと共演。
  • 2011年、オリンパスホール八王子を運営する(公財)八王子市学園都市文化ふれあい財団のエグゼクティブプロデューサーに就任。

  •  

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。