お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

エルトン・ジョン



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

サー・エルトン・ハーキュリーズ・ジョン(英語: Sir Elton Hercules John、CBE、1947年3月25日 - )は、イギリスのミュージシャン、シンガー・ソングライター。出生時の名前は、レジナルド・ケネス・ドワイト(英語: Reginald Kenneth Dwight)。

代表曲に「僕の歌は君の歌」「クロコダイル・ロック」「キャンドル・イン・ザ・ウィンド」「ダニエル」「ベニーとジェッツ」などがある。シングルとアルバムの総売り上げは2億5千万枚から3億枚以上とされており、これは「史上最も売れたアーティスト」で5位の記録とされる。

『グラミー賞』5回受賞(34回ノミネート)。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第38位。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第49位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第45位。

パートナーは、カナダ人映画監督・プロデューサーのデヴィッド・ファーニッシュ。

人物

1969年にソロ・デビュー。1970年の「僕の歌は君の歌」のヒット以降コンスタントに活動を続け、現在までに全世界で3億枚以上のレコード・セールスを記録した、世界で最も成功した男性ソロ・アーティストの一人である。作曲は彼自身によるものだが、作詞は1968年のデビュー以降その多くを盟友バーニー・トーピンが手がけている。なお、バーニー・トーピンは異性愛者であり、女性との3回の離婚と4回の結婚をしている。芸名は、彼がソロ・デビュー前に参加したバンド、ブルーソロジーのメンバーだったエルトン・ディーン(Elton Dean、キース・ティペット・グループを経てソフト・マシーンに加入)とロング・ジョン・ボルドリー(Long John Baldry)の2人の名前から取ったものである。ヒットが出る前のエルトンは、ジェントル・ジャイアントのツアーにサポート・キーボード奏者として同行したり、キング・クリムゾンのセカンド・アルバム(1970年)のゲストとして参加したりもしている。ただ、ロバート・フリップはエルトンとは別のボーカリストのバージョンを、アルバムに採用している。

1970年代前半に、人気は全盛期を迎えた。シングルでは「ホンキー・キャット」「ロケット・マン」「クロコダイル・ロック」「グッバイ・イエロー・ブリック・ロード」「土曜の夜は僕の生きがい」「ベニーとジェッツ」ほか多数のヒット作を発表。1972年の『ホンキー・シャトー』以降、『ピアニストを撃つな!』(1973年)、『黄昏のレンガ路』(1973年)、『カリブ』(1974年)、『グレイテスト・ヒッツ』(1974年)、『キャプテン・ファンタスティック』(1975年)、『ロック・オブ・ザ・ウェスティーズ』(1975年)が7作連続全米首位を記録し、1975年には『キャプテン・ファンタスティック』で全米ビルボードのアルバムチャート史上初の初登場1位を記録するなど、この時期に彼は数多くの成果をあげた。当時、若手アーティストとしてギルバート・オサリバンをライバルとして認めた。活動休止期間を経て、トーピンと一時期決別してからは不遇の時代が続いたが、一方で1986年にはディオンヌ・ワーウィックらとのデュエット曲「愛のハーモニー」で初のグラミー賞を受賞している。1980年代後半から1990年代前半にかけては、喉の病気やアルコール、薬物依存症などに苦しみながらも、音楽活動と並行してチャリティーにも精力的に取り組むようになる。1990年代前半からは依存症を克服し、映画『ライオン・キング』のサントラなど数多くの仕事で成功した。1997年には、旧作の詩の一部を差し替え、事故死したダイアナ妃に捧げたシングル「キャンドル・イン・ザ・ウィンド 1997/ユー・ルック・トゥナイト」が、全世界で3,700万枚以上を売り上げるシングル史上最大のヒット曲となる。この記録は、2015年現在も破られていない。1998年2月24日には長年の功績を称えられ、ポピュラー音楽の音楽家としては3人目となるナイトに叙勲された。

彼の音楽性は、初期のフォークソング、フォーク・ロック志向から、さらにはオールディーズ風ロックンロール、ソウル、ブルーアイド・ソウルに至るまで、その音楽性は幅広い。バラード・シンガーと見られることも多いが、サービス精神旺盛なロックンローラーであり、その派手なパフォーマンスも注目を浴びた。過剰なまでの派手な衣装も特徴である(着ぐるみを着用していた時期もあった)。ピアノの曲弾きや、クライマックスでのピアノの上によじ登ってのダンスを行うこともあった。

70年代に両性愛者を公表したが、後に同性婚をしている。1984年にドイツ人の女性と結婚したが、4年後に離婚。2005年には男性の恋人と再婚して大きな話題を呼んだ。2017年にオーストラリアに同性婚合法化の国民投票のときに、インスタグラムで昔「本当の自分を否定して」女性と結婚して彼女を悲しませたことを投稿した。近年のグラミー賞授賞式では、ゲイを揶揄するリリックを歌ったエミネムとパフォーマンスして物議を醸したが、エルトン・ジョンは音楽性が優れているアーティストに対して協力するのは当然と、意に介さなかった。性格は繊細さとロックのワイルド性を併せ持ち、長年自身の容姿にコンプレックスを持っていたとされる。21世紀に入っては視力矯正手術にも成功した。それらを自らギャグとして披露してもいる。また、セレブであり辛辣な言動などから、ゴシップでとりあげられる存在である。取材に対しては饒舌であり、舌禍事件を起こすこともしばしばある。交友関係は非常に広く、数多くのミュージシャンのみならず、デヴィッド・ベッカムをはじめとするサッカー選手などとも親交がある。また、クラブチームを保有していた時期がある。

来歴

生い立ちからデビュー

RAFの飛行中隊長だったスタンリー・ドワイト(1925年-1991年)と妻シェイラ(1925年-2017年)の間に生まれた。ドワイトは、彼の母親や他の親類の女性によって育てられ、父親といた時間はわずかであった。スタンリーとシェイラはエルトンが15歳だった1962年に離婚した。母親はその後フレッド・フェアブラザーと再婚した。

4歳の頃から、ドワイトはピアノを弾き始める。彼は神童であり、耳で聴いた如何なるメロディーも演奏することができ、彼のピアノ教師によると1度聴いただけのヘンデルの楽曲を完璧に弾くことができたという。11歳の頃に王立音楽院に合格し、職業としての音楽に専念するため、卒業前に学校を離れるまで6年間在学した。初期に影響を受けた人物には、ジム・リーブスなど。ピアニストとしては、クラシック音楽のヨハン・ゼバスティアン・バッハやフレデリック・ショパンの演奏を得意とした。

1960年に、ドワイトは友人とコルヴェッツというバンドを結成。このバンドは、やがてブルーソロジーに発展する。ドワイトは、日中は音楽出版社への売り込みに走り、夜にはロンドンのホテルで単独でギグを行うか、ブルーソロジーと活動するかのどちらかであった。 1960年代半ばまでには、ブルーソロジーはアイズレー・ブラザーズ、メジャー・ランス、ドリス・トロイ及びパティ・ラベル&ブルーベルズのようなアメリカのソウルやR&Bのミュージシャンのバックバンドとしてツアーを行った。1966年には、バンドはロング・ジョン・ボルドリーのサポート・ミュージシャンとなり、イギリスのキャバレーをまわるツアーに参加している。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。