お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

ティム・ライス



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

サー・ティモシー・マイルス・ビンドン・"ティム"・ライスSir Timothy Miles Bindon "Tim" Rice、KBE、1944年11月10日 - )は、英国の作詞家、作家である。

アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、エミー賞、トニー賞、グラミー賞を受賞した作詞家であり、『ジョゼフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』、『ジーザス・クライスト・スーパースター』、『エビータ』といった作品でアンドルー・ロイド・ウェバーとの共作で最も良く知られ、2011年の『オズの魔法使い』では映画の楽曲以外に共に新曲を追加した。また『チェス』でABBAのビョルン・ウルヴァースおよびベニー・アンダーソンと、ウォルト・ディズニー・カンパニー作品では『アラジン』、『美女と野獣』、『キング・デイヴィッド (ミュージカル)』でアラン・メンケンと、『ライオン・キング』と『アイーダ』でエルトン・ジョンと、ドリームワークス・アニメーションの『エル・ドラド 黄金の都』でエンニオ・モリコーネと共作している。

イギリスで最も著名な作詞家の1人であり、1994年にライスはエリザベス2世により下級勲爵士に叙任された。ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの星を授与され、ソングライターの殿堂入りし、ディズニー・レジェンドを受賞し、イギリス作詞作曲作家協会員となっている。2016年、『サンデー・タイムズ』紙によるイギリス高額所得者一覧音楽部門で15位に格付けされた。

若年期

ライスは、イングランドのバッキンガムシャー、アマーシャム近くにある第二次世界大戦中は産院として徴発されていたカントリー・ハウスのシャーデロス(Shardeloes)で産まれた。父親のヒュー・ゴードン・ライス(Hugh Gordon Rice)は大戦中に英第8軍(Eighth Army)で少佐にまでなり、母親のジョアン・オデット(Joan Odette、旧姓Bawden)はWAAFで写真解析部員として勤務していた。戦後は2人共デ・ハビランド・エアクラフト社で働いていた。ライスは子供時代にクロックスリー・グリーン(Croxley Green)、ラドレット(Radlett)、ハットフィールド(Hatfield)に住み、アルドウィックベリー校(Aldwickbury school)、セント・アルバンス校(St Albans School)、ランシング・カレッジ(Lancing College)で教育を受けた。歴史とフランス語で大学入学資格(GCE A-Levels)を取得して学校を離れてから大学には行かないことに決めロンドンの法律事務所で司法実務修習生(articled clerk)として働き始めた。

経歴

音楽業界

1年間パリのソルボンヌで勉強した後、1966年にライスはEMIレコード(EMI Records)に幹部見習いとして入社した。1968年にEMIのプロデューサーのノリー・パラモァー(Norrie Paramor)が自身の会社を興すとそれにアシスタント・プロデューサーとして合流し、クリフ・リチャード、シャドウズらと共に働いた。

ミュージカル

ライスは、アンドルー・ロイド・ウェバー作品の『ジョゼフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』、『ジーザス・クライスト・スーパースター』、『エビータ』、『クリケット (ミュージカル)』、『The Likes of Us 』でウェバーと共作した。ウォルト・ディズニー・カンパニー作品では『アラジン』でアラン・メンケンと共作して楽曲『ホール・ニュー・ワールド』でアカデミー賞、グローブ賞、グラミー賞を受賞し、『ライオン・キング』でエルトン・ジョンと共作して楽曲『愛を感じて』でゴールデン・グローブ賞、アカデミー賞を受賞した。

1996年、映画『エビータ』でウェバーとコラボレートし、楽曲『ユー・マスト・ラヴ・ミー』でライスにとって3度目のアカデミー賞受賞となった。また、『チェス』でABBAのビョルン・ウルヴァースとベニー・アンダーソンと、リック・ウェイクマンとはコンセプト・アルバムの「1984」と「Cost of Living」で共作した。2009年、ピョートル・チャイコフスキーのバレエ『くるみ割り人形』の映画化でアンドレイ・コンチャロフスキー監督の『くるみ割り人形』で作詞を行なったが、映画は酷評された。

2011年の『オズの魔法使い』でアンドリュー・ロイド・ウェバーと再び新曲を作曲し、3月11日にロンドン・パラディウムで開幕した。しかしライスはそれ以来ウェバーとは共作しないことにしている。

メディア

長年「ジャスト・ア・ミニッツ」(Just a Minute)や「トリヴィア・テスト・マッチ」(Trivia Test Match)といったラジオのパネルゲーム番組の常連ゲスト回答者であった。ライスはしばしば自分は米国では映画『アバウト・ア・ボーイ』に出てくることで知られていると冗談で語っている。この映画ではライスがゲスト審判として出演しているゲーム番組『カウントダウン』の(本物の)放送分の場面が使用されている。ライスはクリケット(2002年にMCCの監督を務めた)や数学にも興味を持っている。ライスはロブ・イースタウェイ(Rob Eastaway)とジェレミー・ウィダム(Jeremy Wyndham)共著の『Why Do Buses Come In Threes』に前書きを寄せ、著名なトニー・ホークス(Tony Hawks)の『One Hit Wonderland』の中でアルバニアでトップ20ヒットとなったホークスの曲を共作した。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
C席:3,240円
(全席指定・税込)
2019年5月1日 (水) 〜
2019年6月30日 (日)
大同生命ミュージカルシアター電通四季劇場[海]

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
C席:3,240円
(全席指定・税込)
2019年7月2日 (火) 〜
2019年12月31日 (火)
大同生命ミュージカルシアター電通四季劇場[海]