お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

柚希礼音



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

柚希 礼音(ゆずき れおん、1979年6月11日 - )は、日本のアーティスト。元宝塚歌劇団星組トップスター。

大阪府大阪市福島区、四天王寺高等学校出身。大阪府に生まれる。公称身長172cm。愛称は「CHIE(ちえ)」。血液型はB型。所属事務所はアミューズ。

人物

大阪市福島区に生まれる。
9歳のとき、『仲のよかった友達がバレエを始めて遊んでくれなくなったので』という単純な動機からバレエを始める。当時から背が高く、小学6年生のときに一度バレエ講師から宝塚志望をすすめられるが、当時は興味がなかったという。
その後もバレエを続けるが、高校在学中に身長が伸びすぎたため海外留学を考える。しかし、バレエ教室の講師や両親の熱心なすすめにより宝塚歌劇を志した。1997年2月、真矢みき(現真矢ミキ)トップの花組大劇場公演『失われた楽園/サザンクロス・レビュー』が初観劇である。

『音楽学校受験の出願締め切りギリギリに願書を取り寄せてみると、受験科目に声楽があることがわかり、急いでクラスの友人に教室を紹介してもらった。声楽のレッスンを始めた頃は怒られてばかりだったが、負けず嫌いな性格が影響して、次第に受けるのなら受かりたい、と思うようになった』と『宝塚GRAPH』の取材で告白した。

寝ることが大好き(大切)で、1日8時間睡眠では足らず、10時間は寝たいと述べている。

劇場入りの際には、愛犬であるロングコート・チワワの「ちょこ」と一緒に劇場入りする愛犬家であった(チョコレートでなく、ちょこちょこしていたからちょこと命名)。

略歴

1997年、宝塚音楽学校入学。

1999年、85期生として宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は40人中2番。雪組『ノバ・ボサ・ノバ』で初舞台を踏む。同期には映美くらら(元月組トップ娘役)、十輝いりす、華形ひかる、青樹泉、彩那音(元月組トップスター彩輝直の妹)、七帆ひかる、桜一花、美羽あさひなどがいる。月組公演『ノバ・ボサ・ノバ』の新人公演では、入団1年目ながら出世役と言われるドアボーイ役に抜擢される。同年10月4日、高校の先輩・涼紫央がいた星組に配属。

2000年、最下級生でドイツ・ベルリン公演『宝塚 雪・月・花/サンライズ・タカラヅカ』に選抜メンバーとして参加。

2001年、『ベルサイユのばら2001』の新人公演アンドレ役に抜擢されるなど、早くから注目された。

2003年、『王家に捧ぐ歌』で新人公演初主演。以来5作連続で新人公演の主演を務め、同年バウ・ワークショップ『おーい春風さん』でバウホール初主演を務めた。

2006年、バウ・ワークショップ『Young Bloods!』でダンサー役を演じ、劇中でバレエを披露した。同年、最後の新人公演『ベルサイユのばら』ではフェルゼン役を演じた。

2007年、安蘭けいのトップ就任に伴い『さくら/シークレットハンター』より2番手スターに昇格。同年『Hallelujah GO!GO!』でバウホール単独初主演。

2008年、『THE SCARLET PIMPERNEL』で悪役ショーヴランを、『ブエノスアイレスの風』で主演ニコラスを演じ、第30回松尾芸能賞の新人賞を受賞。自身の当たり役ともなった。この年より、ジオタワー宝塚のイメージガールを務めている。

2009年4月、入団11年目で、星組トップスターに就任。お披露目公演は『大王四神記ver.II』。相手役には夢咲ねねを迎える。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。