お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

吉田鋼太郎



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

吉田 鋼太郎(よしだ こうたろう、1959年1月14日 - )は、日本の俳優、演出家。東京都出身。ホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属。本名同じ。

来歴

小学生時代の6年間を大阪で過ごした後、日野市で育つ。聖パウロ学園高等学校在学中、劇団雲のシェイクスピア喜劇『十二夜』を見て役者を志す。上智大学文学部ドイツ文学科在学中、シェイクスピア研究会公演『十二夜』で初舞台を踏む。同大学中退。

劇団四季に6か月在団し、シェイクスピア・シアター、劇工房ライミング、東京壱組を経て、1997年に演出家栗田芳宏と共に劇団AUNを結成、演出も手がける。シェイクスピアやギリシア悲劇など、海外古典作品に要求される演技をこなせる役者として重宝され、蜷川幸雄が手がけた作品の常連であった。蜷川作品に出演が多かった藤原竜也や小栗旬と親交が深い。

2013年に『半沢直樹』で半沢の上司役を、2014年に『花子とアン』で実業家の伊藤伝右衛門をモデルとする嘉納伝助役を演じる。これらの演技が注目されて映像作品への出演が一躍増え、『東京センチメンタル』では初の主演となる。

2016年1月1日に一般女性と結婚(事実婚1回を含めると4回目の結婚)、2017年2月に結婚式を催す。2016年10月に蜷川幸雄の後継として『彩の国シェイクスピア・シリーズ』の2代目芸術監督に就任する。

出演

舞台

  • ブラッド・ブラザーズ(1991年 - 1992年、1995年、演出:グレン・ウォルフォード)
  • 火男の男 (1993年、作:原田宗典、演出:大谷亮介)
  • チャフラフスカの犬 (1994年、作:原田宗典、演出:大谷亮介)
  • もう大丈夫(1994年、作:大谷薫平、演出:大谷亮介)
  • 違うチャフラフスカの犬 (1995年、作:原田宗典、演出:大谷亮介)
  • 分からない国 (1995年、作:原田宗典、演出:大谷亮介)※再演版
  • グローブ座カンパニー ヘンリー四世(1998年、演出:山崎清介)
  • T factrory(第三エロチカ)『ロスト・バビロン』(1999年、作・演出:中越司)
  • 奇跡の人(2000年・2003年、演出:鈴木裕美)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。