お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

さいたまゴールド・シアター



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

さいたまゴールド・シアターは、演出家蜷川幸雄が主宰する55歳以上限定の劇団。埼玉県さいたま市の彩の国さいたま芸術劇場を活動拠点とする。

コンセプト

演出家、蜷川幸雄が、長い人生経験を積んだ人々の身体表現や感情表現を舞台に活かそうと2006年4月に創設した55歳以上限定のプロ劇団。発足時の団員は最高年齢80歳、平均年齢66.5歳。ポーランドの演出家、タデウシュ・カントールが主宰していた老人劇団がモデルとなった。構想発表以来、応募者が殺到するなど大きな反響があり、メディアでも相次いで報道された。

拠点の彩の国さいたま芸術劇場での本公演、中間発表に加えて、団員は蜷川演出の舞台や、その他の劇場への出演も重ねている。中高年を演劇などの芸術の?消費者?という側面だけでとらえず、可能性を秘めた?創作者?として見直し、舞台で実践する取り組みとして評価されている。

本拠地の彩の国さいたま芸術劇場は、埼玉県芸術文化振興財団が指定管理者として運営。2006年の2回の中間発表と、2007年の第1回公演には3700万円の経費がかかったが、計4500人以上を動員、芸術劇場の知名度を全国で高めた。

当初の団員は48人。第1回公演時には46人。2014年11〜12月の日本・香港・フランス公演時には40人が在籍している。

経過

  • 2005年
10月 蜷川幸雄が彩の国さいたま芸術劇場の芸術監督に内定
11月9日 蜷川が高齢者劇団の構想を発表
  • 2006年
2月1日 「さいたまゴールド・シアター」の団員募集開始(2月末 応募締め切り。20人程度の募集に1266人応募)
応募者全員への実技オーディション。受験者数1011人15時間、延べ78時間(3月14日〜30日)
4月21日 さいたまゴールド・シアターが正式に発足。団員48名。平均年齢66.7歳、最高齢80歳
5月1日 初稽古
第1回中間発表公演『Pro-cess〜途上〜』(7月28日〜8月1日、大稽古場)
第2回中間発表公演『Pro-cess2「鴉よ、おれたちは弾丸をこめる」』(清水邦夫作、12月1日〜4日、大稽古場)
  • 2007年
第1回公演『船上のピクニック』(岩松了作、6月22日〜7月1日、小ホール)
  • 2008年
第3回中間発表公演『Pro-cess 3「想い出の日本一萬年」』(清水邦夫作、3月27日〜30日、大稽古場)
第2回公演『95kgと97kgのあいだ』(清水邦夫作、5月28日〜6月5日、大稽古場)
  • 2009年
「フェスティバル/トーキョー09春」招聘公演『95kgと97kgのあいだ』(3月18日〜29日、にしすがも創造舎)
さいたまゴールド・シアター写真展(4月21日〜7月26日、さいたま芸術劇場ガレリア)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。