お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Go Toイベントキャンペーンでおトクに楽しもう!

綾戸智恵



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

綾戸 智恵(あやど ちえ、1957年9月10日 - )は、日本のジャズシンガー。本名同じ。2007年9月10日以前は綾戸 智絵という芸名で活動していた。大阪府大阪市阿倍野区出身。

来歴・人物

大阪市阿倍野区出身。母親は福岡県出身で、食糧庁やGHQに勤務。綾戸本人の本籍地も福岡県。プロテスタントのクリスチャンである。実父は旅回りの芸人だったが、綾戸が2歳のときに50代で亡くなり、養父を父と思って育った。

その養父も、綾戸が中学生の頃に老衰で他界している(実母と30ほど、年齢が離れていた)。

両親がジャズファンという影響から小学生の頃からジャズへの造詣を深め、大阪市立常盤小学校、文の里中学校、明浄学院高等学校を卒業したあと渡米。ロスアンゼルスのライブハウスやプロテスタント教会でゴスペルを歌ったり,ピアノ演奏や歌唱などを展開した。滞米先でアフリカ系アメリカ人の男性と結婚。一男をもうけるも、後にDVが原因で離婚。本人も人種や文化の違い、相性の悪さなどから、日本人女性と外国人男性との結婚の困難さや不自由さを語っている。

1991年に帰国後は神戸市に活動の拠点を置き、ジャズヴォーカリストとして本格的に活動を開始。横浜ジャズプロムナード、モントレージャズin能登、長野ジャズコレクションなど、国内各地でのジャズコンサートに多数出演した。弾き語りのスタイルで知られ、ライブでは軽妙なトークも披露する。

1998年に実質的にメジャーデビュー(厳密には現在に至るまでインディーズ所属でメジャーリリースはしていない)。2000年度の第51回芸術選奨文部科学大臣新人賞(大衆芸能部門)受賞。2003年には紅白歌合戦(NHK)出場を果たし「テネシーワルツ」を歌唱した。2004年にはNHK連続テレビ小説わかばに綾戸の本職と同じジャズシンガー・瞳しずか/木村福子の役でドラマ出演した他、豊富なボキャブラリーからテレビのコメンテーターとしての出演も多数。

映画の知識も豊富で、2002年4月から2004年9月までフジテレビ・土曜LIVE ワッツ!?ニッポン内「映画ええがな!」のコーナーにも出演していた。

健康管理がストイックなことでも知られ、好きな酒を節制してまで鶏肉中心の食生活とハードな筋肉トレーニングに励んでおり、体脂肪率は9%。嫌いな食べ物はブリ大根。

2007年9月10日より、芸名であった「智絵」から本名の「智恵」となり活動。現在、脳の疾患に倒れた母親の介護を続けている(これを理由として2008年2月10日・11日放送の『NHKスペシャル 闘うリハビリ』にゲスト出演)。

2008年の10周年記念コンサートツアーを最後にコンサート活動を一時休止して実母の介護に専念していたが、本人の想像を上回る介護の過酷な現状にぶち当たり、母と心中する衝動にかられるほど我を失っていたことに気付いたため、本来の自分を取り戻した上で母に接するべく2009年にはコンサート活動を再開させた。

夏季には坊主にする。ぐるぐるナインティナインの「ゴチになります」に出演したときに、カツラを被って出演していた際、外れてしまった時に公言した。

2010年3月19日、2年前に足を骨折した母親の介護の疲れから精神安定剤を多量に服用し入院する。

しかし、同年の3月27日には、大阪府岸和田市の浪切ホールで復帰コンサートを行い、「テネシー・ワルツ」他全17曲を歌った。さらに、TBS日曜ドラマ「新参者」第5話に出演し、話題を集めた。同年、6月12日には子どもの頃からのあこがれの原信夫とシャープス&フラッツと東京国際フォーラム ホールAで再共演をする一度限りの“MY WAY”コンサートを行った。

上記以外の出演

ドラマ


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。