お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

益田正洋



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

益田 正洋(ますだ まさひろ、1978年1月1日 - )日本のクラシックギタリスト。長崎県長崎市出身。現在東京都在住

人物

幼少より両親の手ほどきでクラシックギターを始める。益田洋一、福田進一、藤井眞吾、山口修などに師事。長崎市立勝山小学校、長崎市立長崎中学校、長崎県立長崎東高等学校、長崎大学経済学部へ進学。大学卒業後の2000年秋、アメリカ合衆国ニューヨークのジュリアード音楽院へ留学。シャロン・イズビンに師事。2003年に日本に帰国し、本格的な演奏活動を始める。

1989年、第20回クラシカルギターコンクールにて史上最年少入賞。当時の審査委員長、伊福部昭により審査員特別賞を授与される。翌年の第21回クラシカルギターコンクールにて史上最年少(当時12歳)で第一位を受賞する。また、1992年に第35回東京国際ギターコンクール、その後はバーネットファミリー財団国際ギターコンクールなど数々のクラシックギターコンクールにて入賞する。

また、2001年にロドリーゴ生誕100周年記念コンサートのコンチェルト・クラシックギターソリストとして、ニューヨーク・リンカーンセンターにてJ.デプリースト(現在東京都交響楽団常任指揮者)指揮、ジュリアード・シンフォニーと共演。アランフエス協奏曲を演奏する。

2009年ディズニー・オン・クラシックのアコースティック・セレクションに、クラシックギタリストとして初めて選ばれる。また同年7月には藤井眞吾作曲の「地平線の協奏曲 Horizontal Concerto(独奏ギターとマンドリン合奏のための)」を初演。

最近ではさまざまなジャンルとのコラボも展開中。特にスペイン美術を得意とする美術史家、川瀬佑介との「スペイン! ギターと絵画の交わるところ」と題したコンサート企画は、音楽評論家の濱田滋郎も「スリリングなまでの美的高揚感と知的満足感」と評していて、大変評判を集めている。

現在、日本のトップクラシックギタリストの一人としてソロ演奏、室内楽、レコーディングなどで活躍中。他にアマチュア愛好家への教授活動、アウトリーチや病院ロビーコンサートにも出演することもあり、活躍の場は幅広い。

祖先は石見益田を本拠としていた武家、益田氏らしい。

ディスコグラフィ

ソロCD

  • デビュー〜21世紀への鼓動〜(1995年10月1日、シュペル・ノーバ)
  • プログレッション HR1062(2005年2月9日、ホマ・ドリーム)
  • カンタービレ FOCD9258(2006年3月21日、フォンテック)
  • 36のカプリス FOCD9295(2007年3月21日、フォンテック)
  • セゴビアへのオマージュ FOCD9336(2007年12月21日、フォンテック)
  • ヴィラ=ロボス作品集 FOCD9420 2009年3月21日、フォンテック)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。