お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
対象のクレジットカード決済でカンフェティのチケットを購入すると5%還元!

バッファロー吾郎A



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

バッファロー吾郎A(バッファローごろうエー、1970年11月24日 - )は、日本のお笑い芸人。お笑いコンビバッファロー吾郎のツッコミ担当。旧芸名及び本名は、木村 明浩(きむら あきひろ)。兵庫県神戸市垂水区出身。吉本興業東京本部所属。NSC8期生。本項では本人の代名詞を本名の「木村」として記載する。

略歴

兵庫県立須磨東高等学校出身。1989年10月よりお笑いコンビ「リンカーン」で活動し解散。その後、「四面楚歌」の竹若元博とお笑いコンビ「バッファロー吾郎」を結成。ツッコミ(ネタによってはボケ)を担当。

プロデューサー脳に長けており、様々な企画やイベントのアイデアを出し実現させている。バッファロー吾郎(またはA)主催のイベントはどれも、チケットは即日完売の状態である。プロデュースについて木村は、「自分は頭の中のことを上手く表現できず、なかなか周りに上手く伝えられないが、それをわかりやすく翻訳し代弁してくれる存在が相方(竹若)」だという。

特に、木村がインタレスティング・プロデューサー(2016年に辞任)を務める「ダイナマイト関西 〜全日本大喜利王対決」は、バッファロー吾郎主催のイベントの中でも毎回大きな成功を納めており、よしもとを代表する名イベントに成長した。しかし、木村もプロデューサー兼選手としてほぼ毎回出場しているにもかかわらず、一度も準決勝以上に進出したことがなく、自他ともにそれをネタにしている。

芸風としては、相方の竹若やケンドーコバヤシなどの後輩からいじられ、つっこみ返す事で笑いを生む、「いじられ芸」、「つっこみ芸」が特徴。ギャグやダジャレなど、ベタな笑いを好む一方で、言葉や状況の切り取りが絶妙で、竹若やケンドーコバヤシ、友近やなだぎ武らと同様、“かゆいところに手が届く”チョイスをする。同様の視点から、細かいモノマネも多く持つ。

いわゆる“決め打ち”が得意で、アドリブやトーク、大喜利はやや苦手であるとされるが、それらと同様に即興性の高いモノボケは得意である。

関西圏の番組出演時と、関西圏以外の全国展開の番組出演時とでは、やや笑いのスタンスを変えている。これは木村の笑いが、いわゆる“濃い”ため、関西圏以外では受け入れられにくいことに関係していると思われる。また、木村自身も、(特に全国展開の番組などの)大舞台にはあまり強い方ではないことも相まって、“萎縮”しているものと思われる。一方で、関西圏の番組や多くのイベントでは、本ネタはもちろん、ギャグやモノマネ、物ボケや大喜利、一言ネタや切り返し等で、持ち前の独特のセンスを遺憾なく発揮し、しばしば爆笑をとっている。

先輩にあたる東野幸治、後輩の岡村隆史らが、バッファロー吾郎の全国区進出を望む発言をしていた。

2001年に結婚。2009年に離婚。2019年に再婚。

2006年以降は「絶好調!」の叫びギャグを一押し中。すべりそうな臭いがすると、「絶好調! ナカハタキヨシです!」と付け加える。派生に、「高橋開発 松崎しげるです!」、「ヨーロピアーン」、「キター」(織田裕二の目薬のコマーシャル風に)、「マッスルスパーク」(キン肉マン風に)、「おいしゅうございます! 岸朝子です!」、「恐縮です! 梨元勝です!」、「説法です! 瀬戸内寂聴です!」、「ありがとう! 浜村淳です!」などがある。

「今日は『オモシロクナール』を飲んで来ていますから大丈夫です」と言い、スベると、「もしかして類似品の『ヨクスベール』を飲んじゃったかも」といったネタがある。この「オモシロクナール」「ヨクスベール」はグッズ(薬に似せたラムネ菓子)として、実際に発売されている。

スッごい!おとなの時間で2006年の抱負は「すべらないこと」となった。

お笑いはもちろん、漫画やアニメ、プロレスのほか、どうでもよい知識や、雑学に詳しい。芸人の中では比較的早い段階からネットに進出し、自身の企画するイベント「ホームラン寄席」の公式ホームページや自身の個人ページを立ち上げていた。中でも「木村のTシャツダービー」などのファン参加型の企画は好評である。かつての「デラべっぴん」の連載から派生した、ライターのせきしろとのコラボによる「ダダボヨ」というサイトも運営中である。ちなみに、現在のところ個人のページには「爆笑王.COM」というタイトルが付いているが、「ホームラン寄席」公式ページの傘下にあり、URLは全く異なる。

デビュー当時にコンビ名「Wメガネ:ミキ&アイガン」を名乗っていただけに、それ以来ビジュアルイメージとして眼鏡キャラを保っているバッファロー吾郎だが、実は二人ともレーシックを施しており、視力が回復している。視力が回復しているにも関わらず、イメージを守って眼鏡の着用にこだわっていることをケンドーコバヤシによく突っ込まれている。伊達眼鏡であることが判明したため、「アメトーーク」の「メガネ芸人(第2回)」メンバーから外された。また、初期のバッファロー吾郎のコントでは、ドロップキックやヒップアタックであったりと、息を切らしながら暴れツッコミをしていた。

お笑いに対するその硬派なスタンスは、若手からも「尊敬する芸人」として明石家さんま、ダウンタウンらと並び名前が挙げられるほどである。普段はいじられつつも、後輩の面倒見もよく、そして権威には媚びない、然るべき時には物申す、漢気のある人物である。


ナインティナインの岡村隆史に会った時は、何故か必ず相方の矢部浩之の体調を尋ねてくるらしい(岡村談)。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。