お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

ペーター・ゲスナー



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ペーター・ゲスナーPeter G?ssner, 1962年 - 旧東ドイツライプツィヒ出身)は、

西洋人として初めて、日本の演劇大学で本格的に教鞭を執り(現桐朋学園芸術短期大学演劇専攻科教授として活躍しているらしい)、芸術監督として市立劇場の立ち上げにも貢献。またYouTubeにインタビュー掲載あり。

日本演劇界における外国人演出家のパイオニア的存在として、主宰劇団「うずめ劇場」での舞台演出を中心に、他団体の演劇やオペラの演出、俳優としても活躍。

来歴

旧東ドイツの国立ベルリン俳優学校エルンスト・ブッシュで学び、ハレのターリア劇場で4年間俳優・演出・ドラマトゥルグを務めた。

ベルリンの壁崩壊後、1993年妻の九州工業大学勤務をきっかけに家族で来日し、福岡県北九州市に居を構える。

その後、日本とドイツを行き来しながらライプツィヒ大学を卒業し演劇学修士取得。その間、劇団黒テントを訪問した際に貰い受けた、デイビット・グッドマンが編集長を務めた『コンサーンド・シアター・ジャパン』(演劇センター68の機関誌、日本初の英文演劇雑誌)を通じ、日本のアングラ演劇に触れ、卒論のテーマとした。

1996年劇団うずめ劇場を立ち上げ、北九州を拠点に年間2~3本の公演を行い精力的に活動する。

2000年第1回利賀演出家コンクールにて最優秀演出家賞受賞後、全国的に活動を展開し、2001年北九州市民文化奨励賞を受賞。

2002年〜2005年うずめ劇場が「セゾン・フェロー」芸術創造活動助成を受ける。

2004年より桐朋学園芸術短期大学演劇専攻科にて教鞭を執り始め、東京に転居。2006年〜2009年にかけて新国立劇場ドラマスタジオ(NNT)シーンスタディ集中講義講師を務める。

2007年〜2011年調布市せんがわ劇場の芸術監督に就任し、市民アンサンブルを組織して新しい形の劇場運営に取り組む。

2018年桐朋学園短期大学で演出した「ゴドーを待ちながら」がATEC国際演劇学校フェスティバルにて最優秀賞受賞。

2018年10月から翌2月まで、うずめ劇場「フェードル」を、安藤忠雄設計による東京アートミュージアムにて、日本では珍しいロングラン上演に挑戦中。

人物

  • 1994年から2002年の間、北九州演劇祭実行委員会委員を務める。
  • 1996年 劇団「うずめ劇場」を旗揚。旗揚げ公演「わか友ヒットラー」。ゲスナー自身もシュトラッサー役で出演。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。