お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

ペーター・ゲスナー



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ペーター・ゲスナーPeter G?ssner, 1962年 - 旧東ドイツライプツィヒ出身)は、日本在住ドイツ人の劇場監督と演劇指導者。

西洋人として初めて、日本の演劇大学で本格的に教鞭を執り(現桐朋学園芸術短期大学演劇専攻科教授として活躍しているらしい)、芸術監督として市立劇場の立ち上げにも貢献。またYouTubeにインタビュー掲載あり。

日本演劇界における外国人演出家のパイオニア的存在として、主宰劇団「うずめ劇場」での舞台演出を中心に、他団体の演劇やオペラの演出、俳優としても活躍。

来歴

旧東ドイツの国立ベルリン俳優学校エルンスト・ブッシュで学び、ハレのターリア劇場で4年間俳優・演出・ドラマトゥルグを務めた。

ベルリンの壁崩壊後、1993年妻の九州工業大学勤務をきっかけに家族で来日し、福岡県北九州市に居を構える。

その後、日本とドイツを行き来しながらライプツィヒ大学を卒業し演劇学修士取得。その間、劇団黒テントを訪問した際に貰い受けた、デイビット・グッドマンが編集長を務めた『コンサーンド・シアター・ジャパン』(演劇センター68の機関誌、日本初の英文演劇雑誌)を通じ、日本のアングラ演劇に触れ、卒論のテーマとした

1995年に自身の演劇グループを設立し、演劇力で太陽の女神アマテラスを彼女の洞窟から引き寄せる日本の神うずめにちなんで、うめめ劇城と名付けた。このグループは、少なくとも年に2回は制作を行う地域の演劇機関になります。 2000年、 鈴木正監督の国際的に有名な遠賀の演劇祭に招待される。ゲスナーは岸田邦夫の 「紙風仙」 の演出で演出コンペで優勝。2000年第1回利賀演出家コンクールにて最優秀演出家賞受賞後、全国的に活動を展開し、2001年北九州市民文化奨励賞を受賞。2002年〜2005年うずめ劇場が「セゾン・フェロー」芸術創造活動助成を受ける。

現在、うずめ劇場に授与されている州および民間の資金援助とフェスティバルへの招待により、劇場は2001年から2007年の間に日本の多くの都市に登場。 エジプト(カイロ2004)、台湾(台北2006)、ドイツ(ライプツィヒ2007)から国際的な招待を受けています。 2004年より桐朋学園芸術短期大学演劇専攻科にて教鞭を執り始め、東京に転居。2006年〜2009年にかけて新国立劇場ドラマスタジオ(NNT)シーンスタディ集中講義講師を務める。

2007年〜2011年調布市せんがわ劇場の芸術監督に就任し、市民アンサンブルを組織して新しい形の劇場運営に取り組む。ここでは、彼はドイツのモデルに基づいて芸術的構造とゲーム運営を構築し、2つのフェスティバル(ジャズアート千川、人形と人形劇フェスティバルイノチ)を設立。

また、東京のフリーランスディレクターとしても活躍。 2018年10月から翌2月まで、うずめ劇場「フェードル」を、安藤忠雄設計による東京アートミュージアムにて、日本では珍しいロングラン上演に挑戦中。HeinerM?ller の Philoktetのステージングは、日本の最大の劇場賞である読売賞 (2010年)にノミネートされます。 ロベルト・シューマンのオペラGenovevaの日本初演を新国立劇場で実現(2011)、天皇陛下も訪れ鑑賞。

2012年地震物理学者フリードリヒ・デュレンマットの求めに応じて 福島第一原子力発電所事故で桐朋学園の学生と伝統ある俳優座劇場で特別公演を実施

作風

日本の戯曲、海外の戯曲、古典から現代、ストレートプレイから子どものための芝居まで、幅広く演出している。劇場以外での公演も多く、神社、寺、ホテルのテラス、水上ステージ、美術館など、様々な空間で上演。作品により、空間の選定から照明・音響・美術など、都度、様々な手法を取り入れ、常に空間を最大限生かす演出を試みる。1992年にゲスナーが日本に来たとき、彼のアプローチは、職場、同僚、信頼、そして外国の環境で働く必要性を作り出すことでした。 ルドルフ・ミュンツの学生(他の劇場 )として、彼は歴史における演劇作りの基礎は、自分で作った場所から場所への旅であると考えていました。

人物

  • 1994年から2002年の間、北九州演劇祭実行委員会委員を務める。
  • 1996年 劇団「うずめ劇場」を旗揚。旗揚げ公演「わか友ヒットラー」。ゲスナー自身もシュトラッサー役で出演。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。