お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

金子昇



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

金子 昇(かねこ のぼる、1974年10月18日 - )は、日本の俳優、タレント。長崎県長崎市出身。アパッチ所属。

身長178cm、体重60kg。既婚者(子供3人あり)。

来歴

長崎総合科学大学附属高等学校を経て、長崎総合科学大学工学部建築学科卒業。

1999年の『女医』(読売テレビ)にて、ドラマデビューを果たす。

2001年、『スーパー戦隊シリーズ』第25作『百獣戦隊ガオレンジャー』にて獅子走 / ガオレッド役で出演し、主演を務める。

2003年には、映画『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』で主演の中條義人 役を演じた。

2009年、ドラマ『ママはニューハーフ』(テレビ東京)でニューハーフを演じため、5kgの減量を行った。

2020年、東京国際映画祭『酒井一圭presentsスーパー戦隊サプライズフェスティバル』に出席し、オスカープロモーションからアパッチへ移籍したことを報告した。

人物

趣味はサッカー、サーフィン、フットサル。特技はテニス、ビリヤード、料理。

学生時代はビートルズなどのコピーバンドとして活動していた。その頃にビートルズを題材にした映画『バック・ビート』を観て俳優業に興味を持ち、映画好きでもあったことから俳優になることを決意した。大学卒業後は、東京の企業に勤めながら演技のレッスンも受けていたが、大阪へ転勤になったことでレッスンを受けられなくなったため、退社してアルバイトをしながら本格的に俳優の道へと進んだ。

2000年の平成仮面ライダーシリーズ第1作『仮面ライダークウガ』の五代雄介 / 「仮面ライダークウガ 役(主演)の最終オーディションまで残るも、落選していた。2013年の『ハイパーホビー』5月号のインタビューでは、「今度は仮面ライダー役を演じてみたい」と語っている。

『百獣戦隊ガオレンジャー』に出演する以前は仕事が少なくアルバイト中心の生活を送っていたため、同作の撮影でスケジュールが埋まっていることに喜びを感じていたと語っている。また、当時は共演者の酒井一圭と共に書店を訪れて関連書籍へのサインを申し出たり、DJが番組のファンであったラジオ番組へ出演を申し出るなど、ファンサービスに積極的だった。2016年に朝日新聞社のニュースサイト「withnews」によるインタビューには(15年後の今も『ガオレンジャー』は)「僕にとっては財産であり宝。それをなくしたら僕の半分くらいはなくなっちゃう感じ」と語っている。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。