お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

サラ・オレイン



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

サラ・オレイン(スコットランド・ゲール語: Sarah ?lainn、1986年10月8日 - )はオーストラリア出身のヴォーカリスト・ヴァイオリニスト・作曲家・作詞家・翻訳家・コピーライター。

人物

オーストラリア・シドニーに生まれ育つ。母は日本人音楽家。父はマレーシア出身。

絶対音感と3オクターブを超える音域を持つ。音を色として感じる共感覚(色聴)を持つ。[1]

フランス語、ラテン語を理解でき英語・日本語・イタリア語を使いこなす。。(母親が日本人なので日本語が堪能になったと思われがちだが、家庭での会話は英語のみ。たまに母親が日本に電話をしている時に日本語を聴いただけ)[2]

手に怪我しないよう運動は幼少期より親に禁止されていたので自転車に乗れない・料理が出来ない・自動車運転免許を持っていない。(2017年2月からチーズケーキ作りを皮切りに料理を始めだした。2020年には朝・夕食等作り、その様子を彼女のインスタグラムに挙げている。)[3]

5歳よりヴァイオリン教育を受ける。シモン・ゴールドベルクの高弟ペリー・ハートに6歳より学ぶ。ハートの死去により13歳からワンダ・ウィウコミルスカの指導を受ける[4]

ヴァイオリン演奏により多くの音楽コンクールに参加し優勝を重ね、シドニー音楽院に入学。14歳の時に同学院内のオペレッタ「パイレーツ・オブ・ペンザンス」の主役に抜擢され、この頃一時声楽のレッスンを受けるが間もなくヴァイオリンに専念する事となる[5]

あまりの才能を疎まれ、いじめられ登校拒否になり中学・高校にあたる時期は自宅で一人勉強し[6]2006年にシドニー大学言語学部へ入学。在学中は言語学および音楽学(パフォーマンス・作曲・音楽理論)を専攻した。

2006年、世界の大学成績優秀者上位10%のみ入会が許されるゴールデン・キー国際名誉協会員に選ばれる[7]。

2007年には、シドニー大学音楽部門成績優秀者に贈られるセーラテレッサ・マッキンソン作曲賞および学内成績優秀者に贈られるウォルターレイドメモリアル賞を受賞。さらに、この年には、2年連続して成績トップの者へ贈られる シドニー大学アカデミックメリット賞を受賞。学業に励む傍ら、ヴァイオリニストとしてシドニー州議会議事堂にて演奏。シドニー・タウンホールブリスベン・タウンホールでは、世界的オペラ歌手イヴォンヌ・ケニー(ソプラノ)、ホセ・カルボ(バリトン)と共演した[8]。

2008年には、世界で25名の学生が選ばれる東京大学留学生として、オーストラリアを代表して東京大学教養学部に留学[9]。その間、絵本の翻訳や、ロンドンの広告代理店のコピーライターとしての活動も行う[10]。超訳を手がけた創作絵本「オレ・ダレ」(越野民雄著・講談社刊)の 英語版「Who?Me!」は、イタリアボローニャの絵本見本市に出品され、三菱商事による社会貢献活動の一環として、世界の子供達に配布されている。

2009年、12月12日東京大学三鷹国際学生宿舎での三鷹市民と東京大学三鷹国際学生宿舎生との集いに於いて歌唱とヴァイオリン演奏を披露。その模様がTV放映される[11]

2010年、シドニー大学をハイディスティンクション(最高点)で卒業した。

東京大学留学中に作曲家の光田康典がゲーム音楽曲の為、ネイティブな英語を使う歌手を探している事を知り、自ら働きかけ採用される。オーストラリアに帰ったのち、この歌唱が大変な好評を得て居る事を知り、歌手になる決意をして、家族から1年間だけの許可を得て再度日本に渡り歌手への道を探る事となった。[12]

約束の一年が近づきオーストラリアに帰らなければならないかと思い始めた時、デモ用に作ったCD音源がユニバーサルミュージックに渡り契約を結ぶ事となる。父親が亡くなってすぐの出来事で、契約する事が出来たのは天国の父親からの贈り物だったと思うと語っている[13]


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。