CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 谷賢一

谷賢一

谷賢一



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

谷 賢一(たに けんいち、1982年5月11日 -)は、日本の劇作家・演出家・翻訳家。劇団「DULL-COLORED POP」主宰。演劇ユニット「Th??tre des Annales」代表。日本劇作家協会・事業委員。

人物・来歴

福島県石川郡石川町出身、千葉県柏市育ち。血液型はB型。身長185cm。趣味は音楽鑑賞、パソコン、読書。好きな食べ物はビールとカレー。

千葉県立東葛飾高等学校在籍時に演劇および文学に目覚める。明治大学文学部文学科演劇学専攻卒。同大学元公認サークル・騒動舎28期。大学在学中に渡英し、カンタベリー・ケント大学(Theatre and Drama Study)にて演劇学を学ぶ。帰国後、明治大学全学合同企画である文化プロジェクト(現・明治大学シェイクスピアプロジェクト)'05『マクベス』の演出を担当し、学生80名参加、動員2000名の公演を成功に導いた。

在学中に劇団「DULL-COLORED POP」を旗揚げし、主宰として全作品の脚本・演出を手がける。

2007年には千葉県からの助成を受け、市民劇団「CoTiK」を立ち上げ、代表を務めた。2008年よりタイニィ・アリス職員およびプロデューサーとして活動(〜2010年末)。2010年4月より青年団演出部に所属。2010年12月から2013年12月まで、アトリエ春風舎芸術監督を務め上げた。

作風・受賞歴

脚本家としては、詩的で鋭利な台詞回しと構成の巧みさが特徴。演出家としては、深い演劇知識と若く破天荒な発想が同居し、ポップに間口を広げつつ、文学的/演劇的な奥行きへ観客をいざなう絶妙のバランス感覚で、「斬新な手法と古典的な素養の幸せな合体」(永井愛)と評された。2020年、『福島三部作』の『1986:メビウスの輪』で第23回鶴屋南北戯曲賞受賞。 同年、『福島三部作 第1部「1961年:夜に昇る太陽」 第2部「1986年:メビウスの輪」 第3部「2011年:語られたがる言葉たち」』で第64回岸田國士戯曲賞受賞。

近年では翻訳家としても頭角を表し、2011年には翻訳・演出を手掛けた『モリー・スウィニー』で演劇界の注目を集める。2013年には『最後の精神分析』の翻訳・演出を手がけ、第6回小田島雄志・翻訳戯曲賞、ならびに文化庁芸術祭優秀賞を受賞した。海外演出家とのコラボレーション作品も多く、デヴィッド・ルヴォー『昔の日々』(日生劇場)、シディ・ラルビ・シェルカウイ『プルートゥ PLUTO』(シアターコクーン)、アンドリュー・ゴールドバーグ『マクベス』(PARCO劇場)などにそれぞれ翻訳・脚本・演出補などで参加している。

ポップでロックで文学的な創作スタイルで、古典悲劇からミュージカルまで幅広い作品を手掛けている。

戯曲集

  • 『従軍中の若き哲学者ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインがブルシーロフ攻勢の夜に弾丸の雨降り注ぐ哨戒塔の上で辿り着いた最後の一行「──およそ語り得るものについては明晰に語られ得る/しかし語り得ぬことについて人は沈黙せねばならない」という言葉により何を殺し何を生きようと祈ったのか? という語り得ずただ示されるのみの事実にまつわる物語』工作舎、2019年9月
  • 『福島三部作』而立書房、2019年11月
  • 『演劇』而立書房、2020年3月
  • 『人類史』白水社、2020年11月

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。