お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードに入会して、プリシラの世界を旅しよう!キャンペーン

宇崎竜童



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

宇崎 竜童(うざき りゅうどう、1946年2月23日 - )は、日本のロック歌手、作曲家、俳優、映画監督。京都府京都市伏見区出身。

1970年代中期から1980年初頭にダウン・タウン・ブギウギ・バンド、1980年代中期から1990年代初頭に竜童組、1990年代中期から後期に宇崎竜童 & RUコネクション with 井上堯之を率い、バンドの活動の合間にソロとしても活動する。妻は作詞家の阿木燿子で、「作詞阿木・作曲宇崎」のコンビは山口百恵の全盛期を支えた。

経歴

生い立ち

母親の出身地で疎開先だった京都市伏見区に生まれる。なお母方のルーツは京田辺市である。生後間もなく東京に引っ越して、中学卒業まで代々木上原で育った。渋谷区立上原小学校、明治大学付属中野中学校・高等学校、明治大学法学部卒業。父親は滋賀県大津市出身で、東京商船学校を卒業して船乗りを経た後に、代々木上原で船具店を経営し裕福だったが、中学3年生の時に父の会社が倒産し、一家は豪邸から借家生活となる。明治大学の軽音楽部で阿木燿子と知り合い作曲を始める。しかし、両親の手前もあり、プロを目指すことはなかった。大学卒業後、内田洋行に就職したが性に合わず1か月で退社した。その後、義兄の経営する大橋プロでマネージャーを務め、バンド時代の松崎しげるをスカウトし2年間マネジメントを担当するが、ここも退社した。

プロデビュー

コンサートに飛び入り参加したのがきっかけでレコード会社から声がかかり、1973年に「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」を結成。シングル「知らず知らずのうちに」でデビューした。1974年に出した「スモーキン・ブギ」がヒットし、つなぎルックと共に脚光を浴びる。さらに翌年リリースしたシングル「カッコマン・ブギ」のB面曲である「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」が大ヒット、曲中のセリフ「あんたあの娘のなんなのさ」は流行語にもなり一世を風靡した。また、この曲をもとに映画まで作られた。

1980年、バンド名を「ダウン・タウン・ファイティング・ブギウギ・バンド」に改名、翌年解散。これ以前から山口百恵などに作曲家として曲を提供したり映画『曽根崎心中』(1979年)、『TATOO(刺青)あり』(1982年)に主演するなどしていたが、解散後はさらにドラマ出演、映画・舞台音楽や監督など多方面に進出。1984年、それまでにない新しい音楽にチャレンジするために「竜童組」を結成。その活動舞台は日本国内のみならず、世界各地にまで広がった。1990年に活動休止。

1993年、元ザ・スパイダースの井上堯之と共に大人のロックバンドを目指すため、「どちらかが死ぬまで続けよう」との約束で「宇崎竜童 & RUコネクション with 井上堯之」を結成。1998年に活動休止するが、2人の約束は今でも続いている。

1998年以降はソロ・アーティストとして活動。2008年にはデビュー35周年を迎え、2枚組のブルースアルバム、同じく2枚組のベストアルバムのリリース、記念ライブが行われた。

2008年4月10日、憲政記念館で開催された「天皇皇后両陛下御大婚五十年をお祝い?する集い」に臨席し、祝辞を述べた。

2013年8月22日と23日、第38回湯布院映画祭にて音楽を担当した作品および出演した作品が特集上映される。上映後は阿木燿子と共にシンポジウムに参加。その後ライブ&トークショーが同会場で行われ、映画にまつわる9曲を披露し好評を博した。

エピソード

人物

  • よく比較される「キャロル」と「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」は、デビュー自体は半年程度しか違わない。しかしこの差が宇崎を悩ませた。宇崎らも最初は皮ジャンを着ていたが、キャロルが篠山紀信に写真を撮られ大々的に売り出されると「キャロル」の物真似と散々言われた。やむなく皮ジャンでないものを探して、たまたま「つなぎ」に行った。『港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ』が出るときに「キャロル」は華々しく解散。「矢沢永吉って人間には常に先に行かれたって気があった」と話している。『スモーキン・ブギ』が2位になった時、楽屋で一緒になると「キャロル」の方は、シングルヒットがなかったことで「おタクらは泥臭くやって成功したね。ウチらちょっとアカ抜けてたから」と矢沢に言われ「この野郎」と思った。ドラマーの相原誠が元「キャロル」ということもあったこともあり、お互い敵対視していたという。矢沢のことを聞かれると、「意識してないから」とツッパって来たが、実はズッと意識の中にあった。「自身は徒党を組むほうでやり方は違うが、矢沢は横縦つながり持たずに一匹狼。ロック・フェスにも出ないし自力であそこまで行けたのは立派だと思う。彼はロックンロールの中で確立しているけど、ぼくはロックンロールよりも、少し広いところで商売している。言ってることを行動に結びつけて実績を作る−それは認めるけど、ぼくは体質的にダメ」等と話している。
  • 富裕層の子息で大学まで私立の一貫教育、性格も至って真面目で品行方正である。大学卒業後は音楽ビジネスの裏方(作曲家、マネージメント)を主要な職域とし、七三分けのスーツ姿をビジネススタイルにしていた。自らが表舞台にシフトチェンジすることになった際、このイメージを破るためにリーゼントなどのいかにもロッカー然としたキャラクターを仕立て上げた。当然、不良少年であった経験もない。しかし、一般人はこちらが実態と認識したために、実際の本人と面会すると、未だにこのギャップに驚かれることが珍しくない。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
先着限定!S席:10,000円 → カンフェティ特別価格!
(チケット購入ページにて公開!)

※日時によって出演者が異なります。
 チケットご購入の際はご注意ください。


【ご注意】
★カード決済のみ。12/5(水)10:00以降に
セブン-イレブン店頭レジにてチケットをお受取りください。
★チケット受取り時まで、席番はわかりません。予めご了承ください。
※電話予約不可
2018年12月12日 (水) 〜
2018年12月20日 (木)
新国立劇場
中劇場