お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
対象のクレジットカード決済でカンフェティのチケットを購入すると5%還元!

毬谷友子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

毬谷 友子(まりや ともこ、1960年3月25日 - )は日本の女優、歌手、文筆家、武蔵野美術大学講師。元宝塚歌劇団雪組の娘役。本名矢代友子(やしろ ともこ)。東京都港区出身。ジェイ・クリップ所属を経てフリー。愛称はとんちゃん

血液型A型、左利き、カトリック信者である。

父は劇作家の矢代静一で友子は次女、母は今井正監督の映画『青い山脈』(1949年版)、木下惠介監督の映画『女の園』などで知られる女優・山本和子、姉の矢代朝子も女優、従妹にえまおゆう(73期、元雪組トップスターの絵麻緒ゆう)がいる。

略歴

  • 幼稚園から小学校、中学・高等学校まで四谷雙葉学園で学ぶ。
  • 1980年、宝塚音楽学校を卒業。卒業試験では創立以来最高の99点を獲得したという。宝塚歌劇団に66期生として入団。『フェスタ・フェスタ』で初舞台。音楽学校卒業及び入団時の成績は50人中12位。同期に安寿ミラ、こだま愛、洲悠花などがいる。
  • 同年7月10日、雪組に配属。
  • 同年、連続テレビ小説『虹を織る』のヒロインの「仲良し5人組」の一人・ゆき役に選ばれ出演。
  • 1983年、『ブルー・ジャスミン』の新人公演で初ヒロインに抜擢される。
  • 1985年4月30日、『花夢幻 / はばたけ黄金の翼よ』の東京公演千秋楽を最後に宝塚歌劇団を退団。
  • 退団後は舞台を中心に活躍するほか、映画『夢二』などに出演。父・矢代が脚本を書いた一人芝居『弥々』は毬谷が矢代に直談判して初演の舞台化以来「ライフワーク」として演じ続ける矢代・毬谷ふたりそれぞれの代表作となった。
  • 1989年、ミュージカル『Sessue雪洲』(つる役)及び『真夏の夜の夢』(ハーミア役)での演技により、第39回芸術選奨文部大臣新人賞大衆部門を受賞。
  • 1992年、夢の遊眠社『贋作 桜の森の満開の下』(夜長姫役)及び『弥々』(弥々役)での演技により第27回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。
  • 2002年、『弥々』(弥々役)での演技により第57回文化庁芸術祭優秀賞(演劇部門)を受賞。
  • 2010年、『令嬢ジュリー』では演出も手掛けている。
  • 2016年3月7日よりフリー。

エピソード

  • 芸名については、「友子は本名から、姓は聖母マリアから頂戴しました」と本人が答えている。入団時は本名での活動を希望したが「必ず芸名を付けなければならない」と言われ、洗礼名であるマリアを名字とする芸名とした。
  • 「雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた」の稽古中に出演した『笑っていいとも!』テレフォンショッキング(テレフォンゲスト 2009年3月4日)で(精神疾患を意味する)放送禁止用語を口にした(悪気がなく、無意識にうっかり言ってしまった模様で本人もすぐに気づいた)。番組内で本人ではなく加藤綾子アナウンサーが謝罪した。

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。