お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードに入会して、プリシラの世界を旅しよう!キャンペーン

村中俊之



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

村中 俊之(むらなか としゆき、1982年10月21日 - )は、日本のチェロ奏者、作曲家、音楽プロデューサーである。NHK大河ドラマ龍馬伝「龍馬伝紀行」テーマ曲のチェロ編曲を担当。のだめオーケストラ(のだめカンタービレ)主要メンバー。神奈川県出身。東京芸術大学卒業。

略歴

作曲の師の勧めで高校受験半年前にチェロの練習を始める。

2001年東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校卒業。

2005年東京芸術大学音楽学部器楽科チェロ専攻卒業。

2005年〜2006年イタリア国立音楽大学Conservatorio Statale di Musica "L. Marenzio" di Bresciaへ留学。

2006年〜2009年インターネットで見つけた「のだめカンタービレ」のオーディションに応募し合格。レコーディング・ドラマ・映画に参加出演(のだめオーケストラ)。

2010年NHK大河ドラマ龍馬伝「龍馬伝紀行」テーマ曲(龍馬伝紀行?)のチェロアレンジを担当。以前に演奏者である遠藤真理の曲のアレンジをしていたのが依頼のきっかけ。遠藤真理とは大学の同期。

これまで師事したのはチェロでは佐藤千鶴子、斉藤鶴吉、柳田耕治、河野文昭、山崎伸子、クラウディオ・マリーニ、マリア・クリーゲル、ミヒャエラ・カンパニャーロ、ギジ・マルチェッラの各氏。作曲においては佐野清彦、海老原直秀。

横浜バロック室内合奏団のみなとみらいホール定期演奏会に参加する一方で溝口肇、葉加瀬太郎、加古隆、能楽囃子方一噌流笛方である一噌幸弘、グラミー賞アーティストPablo Ziegler等と共演。また、ストリングスとして嵐、EXILE、X JAPAN、aiko、河村隆一、星野源など日本の主要メジャーアーティストとレコーディング・共演。近年はドラム奏者村中俊幸とのユニット結成や音楽朗読劇での劇伴作曲・音楽監督を務めるなど幅広く活動している。

人物

作曲を習っていたのはX JAPANのYOSHIKIに憧れての事であった。

大学進学後半年で腕を壊し5年にわたる治療とリハビリを乗り越えイタリアへ留学するも半年で耳を壊し、音楽から離れ別の勉強をしていた時期がある。しかし音楽をやりたいという自身の思いに気付き「のだめカンタービレ」のオーディションに合格したのを機に音楽活動を再開した。

活動

参加ストリングス・ユニット

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。