お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

HIDEBOH



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

火口 秀幸(ひぐち ひでゆき、HIDEBOH、1967年10月7日 - )は、日本のタップダンサーであり、アイドルグループ吉本坂46のメンバーである。東京都世田谷区出身。所属事務所はよしもとクリエイティブ・エージェンシー

来歴・人物

タップダンサーの父・火口親幸の元で1974年よりタップダンスを始める。1984年でインストラクターとして、タップを教える立場となる。1986年頃より本格的な修行時代に入り、アメリカと日本を行き来するようになる。修行時代に日本では、パパイヤ鈴木や小浦一優(芋洗坂係長)などと六本木のショー倶楽部で出会う。またブロードウェイダンスセンターというスタジオでSAMと出会い、タップ以外のストリート系ダンスを習ったりしていた。この頃、フジテレビのダンス番組「ダンス・ダンス・ダンス」にSAMのグループ「メガミックス」と番組レギュラー共に準レギュラーとして番組に出演。

アメリカでは1989年アメリカの著名なタップダンサーグレゴリー・ハインズに出会い、彼の師匠でブロードウェイの著名振付師ヘンリールタンを紹介してもらい師事。1990年、DJ KOOのグループ「The JG's」に参加、ラップとタップダンスのパフォーマーとして活動。振付師としてもこの頃よりジャニーズ系のアーティストをはじめ数多く手がけるようになる。

1994年、諸星和己ソロツアー「一匹狼」に振付出演で参加。1998年に「Funk a Step」という新しいタップパフォーマンス形態を提唱して「THE STRiPES」を結成、2003年には北野武監督「座頭市」での振付、出演で注目を浴びる。2009年新グループ「LiBLAZE」を結成、音楽との融合を目指した新しいタップパフォーマンスを行っている。松竹演芸場に父の仕事を見に行き、当時出演していた北野武に可愛がられた。

2015年、コレオグラファー(振付師)のダンスコンテスト『Legend Tokyo Chapter.5』にて、「準優秀作品賞」「オーディエンス賞」「審査員賞(ダンス文化普及・発展の視点)」「審査員賞(総合プロデューサーの視点)」の4部門において受賞。

芸名の由来

小さい頃の呼び名「秀坊」から。

出演

映画

  • 北野武監督作品 「座頭市」 2003年(出演・振付・指導)
  • 「TAKESHIS'」 2005年(出演・振付・指導)
  • 水谷豊監督作品 「TAP THE LAST SHOW」 2017年(出演・振付・指導)

舞台

  • 2015年 海に響く軍靴(博品館劇場) - 主演
  • 2013年〜14年 大阪なんばグランド花月主催「アメリカンバラエティバン」(12/14〜2/14)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。