CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 松蔭浩之

松蔭浩之

松蔭浩之



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

松蔭 浩之(まつかげ ひろゆき、1965年12月18日 - )は、現代美術家、写真家。

経歴・人物

福岡県出身。1988年大阪芸術大学写真学科卒業。

1990年アートユニット「コンプレッソ・プラスティコ」でベネチア・ビエンナーレに世界最年少で選出される。以後、数多くの国内外個展やグループショー、シンガポール・ビエンナーレ(2006年)ほか国際芸術祭に参加。写真作品を中心にインスタレーション、パフォーマンス、ミュージシャン、執筆、グラフィックデザイン、俳優、映画監督など多岐に渡って活動を続ける。

アートグループ「昭和40年会」(1994年結成。現メンバーは会田誠、有馬純寿、小沢剛、大岩オスカール、パルコキノシタ、松蔭浩之の6人)では会長を務める。宇治野宗輝とのロックデュオ「ゴージャラス」(1997年結成)では国内外でのライブを盛んに行った。

また、2016年再始動したポストインダストリアルグループ「PBC」(1987年結成)でも演奏活動を続ける。

俳優としては金子雅和監督『アルビノの木』など数々の作品に出演。

監督作品は、画家の会田誠を主演に起用した『砂山』(2012)、若林美保主演の『LION』(2018)がある。また大学、専門学校の教壇に立ち、講義やワークショップを精力的に行う。

「美學校」においては現代美術を独自の視点で分析し、アートの読み解き方、表現発想法をわかりやすく指導する講座『アートのレシピ』にて後進の指導にもあたっている。

展覧会

個展・二人展

  • 「PERFECT DAY - SOUND&VISION of MATSUKAGE」(Gallery SOAP/福岡、2017年)
  • 「LUST」 (ミヅマアートギャラリー/東京、2017年)
  • 「ギグメンタ2016 松蔭浩之×田中偉一郎 怪獣」(BLOCK HOUSE/東京、2016年)
  • 「著者近影 文芸家の肖像写真展」 (男木島図書館/香川、2016年)
  • 「日常採取 〜A DAY IN THE LIFE」(Gallery Saitou Fine Arts/横浜、神奈川、2014年)

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ席(会員限定特別割引席)設置公演>
一般(前売):3,000円
大学生・専門学校生(前売):1,000円
500円割引!一般(前売):3,000円 → カンフェティ席 一般2,500円!
(全席自由・税込)

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)


【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。
アプリにチケットが表示されるまで15〜30分程度かかる場合がございます。表示が確認できない場合は、アプリの再起動やページの更新をお試しください。
(「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら
2022年7月7日 (木)
杉並公会堂小ホール