お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

陽月華



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

陽月 華(ひづき はな、1980年9月2日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団宙組トップ娘役。

東京都生まれ、足立区育ち。東京都立飛鳥高等学校卒業。スペースクラフト所属。愛称は本名から「うめ」「ようこ」。

来歴

生い立ち

幼稚園から中学生まで仙台市に住んでいた。しかし異説もあり、幼稚園から小学校4年生までを仙台市で過ごしたとの文献もある。

中学生の頃、宝塚をよく観るようになる。初観劇は、安寿ミラのお披露目公演『スパルタカス』(1992年)であった。叔母が宝塚歌劇の大ファンで、チケットをもらって観に行った。高校生になり行動範囲が広がると、東京宝塚劇場の3階席のチケットをお小遣いで買って観るようになり、自身も宝塚歌劇の大ファンとなった。

元々、芝居が好きで、宝塚の見ているうちにはまっていった。高校生の時にバレエを始め、宝塚の受験生になること自体が夢だった。

宝塚歌劇団時代

1998年、宝塚音楽学校入学。同期には凰稀かなめ(元宙組トップスター)、城咲あいらがいる。

2000年3月、86期生として宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は43人中9番。花組『源氏物語 あさきゆめみし』で初舞台後、星組に配属。ダンス巧者として早くから舞台やショーで使われ、特に1期上の柚希礼音(後に星組トップスター)と組むことが多かった。

2001年1月、阪急電鉄の初詣ポスターモデルを務める。

2002年、8代目の池田銀行のイメージガールとなる。

2003年の日生劇場公演『雨に唄えば』でキャシー役に抜擢され、ヒロインを演じる。同年の『王家に捧ぐ歌』で新人公演初ヒロイン。

2007年2月、大和悠河の相手役として宙組トップ娘役就任。同年3月、『A/L(アール)-怪盗ルパンの青春-』で新主演コンビ披露。同年6月、『バレンシアの熱い花/宙FANTASISTA!』で宝塚大劇場お披露目。

2008年、『黎明の風/Passion 愛の旅』の稽古中に左足首を骨折し、同公演と続く『雨に唄えば』を全日程休演する。同年9月、『Paradise Prince/ダンシング・フォー・ユー』より復帰。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。