お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

松岡究



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

松岡 究(まつおか はかる、1958年3月3日 - )は、日本の指揮者。東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団常任指揮者。

来歴

1958年3月3日、長崎県長崎市に生まれる。成城大学卒業。指揮を小林研一郎、ヨルマ・パヌラ、ランベルト・ガルデッリに師事。音楽学を戸口幸策に師事。1987年、ドニゼッティ「ビバ・ラ・マンマ」でデビュー。1991年文化庁在外派遣研修員として、ハンガリー・ブダペストに留学。小林研一郎、ランベルト・ガルデッリの下で研鑽を積む。その間スウェーデン・アルコンスト音楽祭にヨルマ・パヌラより招待され、タリン国立歌劇場管を指揮。「卓越した才能」と激賞された。

帰国後は主に東京オペラプロデュースを中心に数々のオペラを指揮。1993年から1996年、新神戸オリエンタル劇場では常任指揮者としてオペラとコンサートをプログラミング・指揮した。また特にオペラで日本初演した作品は数多い。 (詳細は日本初演作品の項を参照のこと。) これらはいずれも各界から大きな反響と高い評価を獲得し、新聞各紙、音楽雑誌などで絶賛された。この他にも、R・シュトラウス「カプリッチョ」、ブリテン「ねじの回転」(新国立小劇場)等も高い評価を受けた。

2004年11月より2007年10月までローム・ミュージック・ファンデーションの在外研修生としてベルリンにて研修。1987年〜2008年東京オペラプロデュース指揮者として活躍、2009年〜2012年日本オペレッタ協会音楽監督(日本オペレッタ協会は2013年4月に解散)を歴任。2009年より東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団専任指揮者を経て2012年9月より常任指揮者に就任。

日本初演作品

  • グノー「ロメオとジュリエット」
  • ワーグナー「恋愛禁制」
  • ベルリオーズ「ベアトリスとベネディクト」
  • ヴェルディ「二人のフォスカリ」「一日だけの王様」
  • ロッシーニ「とてつもない誤解」 「ランスへの旅」(日本人による日本ロッシーニ協会による初演)
  • R・シュトラウス「無口な女」(舞台初演)
  • ドニゼッティ「当惑した家庭教師」
  • ビゼー「美しきパースの娘」
  • ヘルマン・ゲッツ「じゃじゃ馬ならし」

脚注

外部リンク


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ席(会員限定特別割引席)設置公演>
SS席(指定)(前売):5,000円
S席(指定)(前売):4,000円
A席(自由)(前売):2,500円
1,000円割引!SS席(指定)(前売):5,000円 → カンフェティ席:4,000円!
(税込)
2018年1月7日 (日)
大田区民ホール・アプリコ