お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

黒田博



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

黒田 博(くろだ ひろし)は、京都府京都市出身のバリトン歌手。国立音楽大学教授、二期会会員。

京都市立芸術大学卒業。蔵田裕行、佐々木成子に師事。東京芸術大学大学院オペラ科修了。中山悌一、原田茂生に師事。

1989年より2年間イタリアへ留学。ロゼッタ・エリー、カルロ・メリチャーニ、アルド・プロッティに師事。

オペラでは、モーツァルト4大オペラ(『フィガロの結婚』『ドン・ジョヴァンニ』『コシ・ファン・トゥッテ』『魔笛』)のアルマヴィーヴァ伯爵、フィガロ、ドン・ジョヴァンニ、パパゲーノ、グリエルモ等から現代の新作まで様々な作品に出演している。

  • 1999年2月 新国立劇場『天守物語』(図書之助)、
  • 1999年4月 新国立劇場『こうもり』(ファルケ)
  • 2000年8月 二期会『真夏の夜の夢』ディミトリウス
  • 2001年1月・3月 東京とソウルで『虎月傳』
  • 2001年6月・7月 バーンスタイン『キャンディード』(宮本亜門演出、パングロス)
  • 2002年1月 新国立劇場・二期会共催公演『忠臣蔵』(堀部安兵衛)
  • 2002年12月 同共催公演『ナクソス島のアリアドネ』音楽教師
  • 二期会50周年記念シリーズには、2002年『ニュルンベルクのマイスタージンガー』(ベルギー王立モネ劇場提携公演、ハンス・ザックス)、2003年『カルメン』(エスカミリオ)、と主要な役に相次いで出演、ハンス・ザックス役を演じた。

    2003年、日生劇場開館40周年記念公演『ルル』ではシェーン博士および切り裂きジャックを演じ、2004年1月には新国立劇場・二期会共催公演『俊寛』(市川團十郎演出)、7月には二期会公演『ドン・ジョヴァンニ』(宮本亜門演出)にそれぞれ題名役で主演。

    2005年は2月に神奈川フィルハーモニー管弦楽団との『トロヴァトーレ』(ルーナ伯爵)、9月にシアター1010での『じょうるり』(人形遣い与助)に出演。

    2006年2月に新国立劇場『愛怨』(若草皇子)9月に二期会公演『フィガロの結婚』(アルマヴィーヴァ伯爵、宮本亜門演出)に出演。2008年2月に新国立劇場『黒船』(吉田)、5月『軍人たち』(マリ大尉)、9月に二期会『エフゲニー・オネーギン」タイトル・ロールを務める。

    コンサートにおいてもバロックから現代まで幅広く活動している。1997年8月には日米欧14人の作曲家による『和解のレクイエム』日本初演(大野和士指揮)、2003年7月にはチョン・ミョンフン指揮・東京フィルハーモニー交響楽団公演でルイス・バカロフ『ミサ・タンゴ』日本初演の独唱を務めた。平成15年度京都市芸術新人賞受賞。


     

    取扱中の公演・チケット情報

    公演名
    公演期間
    会場
    チケット購入

    取扱中の公演
    一般販売

    <カンフェティ取扱チケット>
    S席:23,760円
    A席:19,440円
    B席:12,960円
    (全席指定・税込)
    2019年3月19日 (火) 〜
    2019年3月26日 (火)
    新国立劇場
    オペラパレス
    販売終了