お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

中村梅雀



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

中村 梅雀(なかむら ばいじゃく)は、歌舞伎役者の名跡。成駒屋の系統と大阪中村梅玉の系統が存在する。

前進座・成駒屋系
  • 初代 中村梅雀 - 二代目中村翫右衛門の俳名。
  • 二代目 中村梅雀 - 本項にて詳述。
中村梅玉・梅高屋系
  • 初代 中村梅雀
    • 中村福助(後の三代目中村梅玉)の門弟。屋号は梅高屋。1907年 - 1989年。
    • 中村福呂 → 中村梅之助 → 初代中村梅雀

二代目 中村 梅雀(にだいめ なかむら ばいじゃく、1955年〈昭和30年〉12月12日 - )は、日本の俳優、ベーシスト、作曲家。本名、三井 進一(みつい しんいち)。血液型はAB型。所属事務所は土屋企画。

続柄

歌舞伎役者としての続柄は以下の通り。

  • 曾祖父:二代目中村翫右衛門(初代中村梅雀、柳盛座々頭)
  • 祖父:三代目中村翫右衛門(歌舞伎役者、劇団前進座創設メンバー、前進座元幹事長)
  • 父:四代目中村梅之助(歌舞伎役者、劇団前進座元代表)

屋号は成駒屋

来歴

1955年12月12日、四代目中村梅之助の長男として東京都武蔵野市に生まれる。東京都立荻窪高等学校を卒業後、桐朋学園短期大学演劇専攻を卒業した。

1965年に初舞台を踏み、劇団前進座で歌舞伎・演劇の世界を学ぶ。初名は「中村まなぶ」。1980年の前進座創立50周年記念公演を機に、曾祖父・二代目中村翫右衛門がかつて名乗った梅雀を襲名、「二代目梅雀」となる。

代々続く歌舞伎役者の家系の出身でありながらテレビドラマや映画に積極的に出演し、時代劇以外でも柔軟な演技で親しまれるようになる。1995年、大河ドラマ『八代将軍吉宗』で演じた徳川家重役が話題を呼び、一気に知名度が上がった。大河ドラマにはナレーションを含めると11作品に出演しており、大河ドラマ初出演作となった1969年の『天と地と』では祖父・父とも共演している。『信濃のコロンボ事件ファイル』の竹村岩男役や『釣りバカ日誌』シリーズの草森秘書室長役なども当たり役となった。

舞台では2000年から『大石内蔵助 おれの足音』で主演の大石内蔵助を演じ、2006年までに全国で縦断公演を行うほどの人気作となり、一躍当たり役となる。その事にちなんで2016年には赤穂市の第113回赤穂義士祭のイベントで再び内蔵助を演じている。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。