お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードに入会して、プリシラの世界を旅しよう!キャンペーン

牧阿佐美



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

牧 阿佐美(まき あさみ、1933年5月12日 - )は、日本のバレリーナ、振付家である。

人物

東京生まれ。父はバレエダンサー、インド文化研究家の牧幹夫、母もバレリーナ、振付家、バレエ指導者の橘秋子。本姓・福田。幼時より母にバレエを教わり、1954年米国に留学、アレクサンドラ・ダニロワ、イゴール・シュヴェッツォフに学ぶ。

1956年母と共に牧阿佐美バレヱ団を結成する。1970年、父がインドで客死し、1971年に母も死去した。その後に現役を引退して橘バレヱ学校校長として後進の育成、指導に当たる。1999年、新国立劇場舞踊芸術監督に就任。

2010年、新国立劇場舞踊芸術監督を退任。後任には英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ芸術監督のデヴィッド・ビントレーが就任した。

母と同様、彼女もバレエの振付家として活動している。近年も古典バレエの改訂演出の他、『牧阿佐美の椿姫』、『ア・ビアント』(三谷恭三、D・ウォルシュとの共作)などを発表した。

受賞・叙勲

  • 1987年 芸術選奨文部大臣賞受賞
  • 1987年 舞踊批評家協会賞受賞
  • 1996年 紫綬褒章受章
  • 2004年 フランス共和国芸術文化勲章シュヴァリエ受章
  • 2008年 文化功労者顕彰

著書

  • 『バレエに育てられて 牧阿佐美自伝』(2009年、新書館) ISBN 978-4-403-23112-4

テレビ出演

  • 『一枚の写真』(1991年2月12日、フジテレビ)

徹子の部屋2016/06/16

脚注


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。