お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

古田新太



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

古田 新太(ふるた あらた、1965年12月3日 - )は、日本の俳優、声優、DJ。本名、古田 岳史(ふるた たけふみ)。愛称は古ちん

兵庫県神戸市西区出身。リコモーション所属。173cm、70kg。芸名である「新太」は亡き実父の本名に由来する。妻は元タレントの西端弥生。一女あり。

人物・来歴

  • 少年時代は、ジャイアント馬場やロックグループのkissに憧れていたが、小学校の行事でミュージカルを観た際、「役者になれば色んな人間になることができる」と思い俳優を志す。
  • 井上義久(元広末涼子のマネージャー、現在は芸能事務所・フラームの社長)は小学校時代の同級生。
  • 中学校には演劇部がなかったため、「役者には体力も必要だ」という思いから運動部に所属した。
  • 中学校に入ってからバンドを組み、高校ではライブハウスに出演する傍ら演劇部に所属し、木下順二の戯曲『夕鶴』の与ひょう(よひょう)や別役実の作品に出演していた。
  • お笑い好きであり、コントユニットを結成して活動していたこともある。
  • 1984年、兵庫県立伊川谷高等学校卒業後、大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科ミュージカルコース入学。後に除籍処分を受ける。三年次から学費を払っていなかったためであるが、大学側の手違いで四年の授業にも滞りなく出席していたが、卒業間際に発覚して除籍となった。
  • 在学中は秋浜悟史に師事し、「下手な演技力をどうごまかすか」などの実践に役立つ実習を受ける。
  • 同年、「太陽族」という劇団に所属していたが、大学の先輩である渡辺いっけいに誘われて『劇団☆新感線』公演『宇宙防衛軍ヒデマロ』に出演。当時の新感線の公演には2000人近い集客があり儲かる、と渡辺に言われ一度だけの約束で参加したがいつの間にか所属俳優にされていた。が、渡辺と筧利夫が同時期に脱退してしまい集客が激減。当然まったく儲からず、後に古田は「渡辺いっけいに騙された」と笑い話にしている。しかし、この移籍がきっかけで現在の事務所に所属し、以後多くの作品に出演。現在でも新感線の看板俳優として活躍中。同時期に活躍していた俳優には羽野晶紀などがいる。なお、プライベートで不祥事を起こして劇団ビタミン大使ABCに所属したことがある。
    • 長年、新感線の看板役者として活躍していたが、劇団からギャラを貰えたのは35歳になってからだったと語っている。
  • 売れていなかった頃は、道頓堀の金龍ラーメンでアルバイトをしていた。
  • 自身および新感線の代表的な舞台でもある『髑髏城の七人』では、主役と悪役を一人二役で演じた。これは、その前の公演中、古田が舞台袖でタバコを吸っていて自分の出番に出過ごした(その間、渡辺いっけいがずっと宙吊りにされていた)ことに座長と演出家が激怒し、「次回作ではタバコを吸う暇がないくらいに古田の出演シーンを多くしよう」という懲罰的な意味合いで設定されたものであったが、結果として俳優・古田新太の評価を飛躍的に高める舞台ともなった。
  • 関西学生演劇ブームに乗り、関西を中心にテレビ番組にも出演するようになる。読売テレビのコント番組『現代用語の基礎体力』(1989年)、『ムイミダス』(1990年)、『未確認飛行・ぶっとい』(1991年)などの深夜番組で、『劇団そとばこまち』の槍魔栗三助(現在の生瀬勝久)や羽野らとレギュラー出演して評判を呼ぶ。番組の成功とともに、古田自身もラジオ番組『オールナイトニッポン』のパーソナリティを務めるなど全国区に進出。『オールナイトニッポン』には長年担当していたビートたけしの後継として木曜1部に登場し、容赦ない下ネタと自身の大好きなハードロックをかけまくるプログラムで大きな支持を得た(特に下ネタの過激さは相当なもので、『オールナイトニッポン』放送開始から終了までにスタッフが始末書を書かなかった週は2回しかなかったとも言われる)。キャッチフレーズは「世界で一番偏差値が低いラジオ番組」であった。
  • 同じ時期、大阪での活躍が認められ、夢の遊眠社や第三舞台の公演への出演も増える。

  •  

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。