お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

小山太郎



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

小山 太郎(こやま たろう、1965年9月22日 - )は、栃木県佐野市出身のジャズドラマー。

来歴

84年高校卒業と同時にベーシストの河上修氏の勧めで上京。

西直樹(p)トリオでデビュー。80年代半ばから日本有数のジャズ・ドラマーとして活躍。渡辺貞夫のグループや、向井滋春、国府弘子、中村誠一、山口真文、水橋孝、等のバンドで活躍後、99年渡米、NYのジャズシーンで活躍。大野俊三(Tp) 、ケニー・ウィッセル(g)、デイブ・ピエトロ(as)、スコット・ウェンホルト(Tp)、ジョナサン・クレイスバーグ(G)、エリック・ルイス(P)、ジョージ・コリガン(P)、エド・ハワード(B)、ゲイリー・ウォッシー(Tp)等と競演。

2004年帰国。リーダーアルバム『Drumgenic』をリリース。09年には前田憲男(p)のイベントにてハンク・ジョーンズ(p)と共演し好評を博す。13年2月には3枚目のリーダーアルバム『BEAT THE BLUES/ポニーキャニオン』がリリースされる。

現在は自己のユニットの他、大野俊三(tp)、向井滋春(tb)、角田健一(tb)ビッグバンド、守屋純子(p)、等のグループで活躍中。

シャープなリズム、確かなテクニック、タッチの良さなどに加え、パワフルかつ繊細でダイナミックなドラミングはトリオからビッグバンドまで縦横無尽に操り、国内外からも高い評価を得ている。インターネット人気投票(Jazz Page)においては2000年、2005年度1位。スイングジャーナル誌人気投票では常に上位にランクインされている。

横浜ジャズプロムナード・コンペティション審査員。昭和音楽大学ジャズコース講師。

(オフィシャル・ウェブサイトより転載)

ディスコグラフィー

外部リンク

  • 小山太郎オフィシャル・ウェブサイト
  • Jazz Page

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。