CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 小宮有紗

小宮有紗

小宮有紗



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

小宮 有紗(こみや ありさ、1994年2月5日 - )は日本の女優、声優、アニソンDJ。

ボックスコーポレーション所属。栃木県下野市出身。

愛称は主にありしゃありちゃん。Aqoursのメンバーでもある。

略歴

小学生のころからクラシック・バレエを習う。中学2年生の末期に東京都渋谷を歩いていたところをボックスコーポレーションのスタッフにスカウトされ、2010年に女優としてデビューを果たす。

2012年、スーパー戦隊シリーズ第36作『特命戦隊ゴーバスターズ』の宇佐見ヨーコ / イエローバスター役でテレビドラマ初出演。

2015年、『ラブライブ!』の続編『ラブライブ!サンシャイン!!』にて黒澤ダイヤ役での出演が決まり、声優デビュー。同時に、Aqoursとしての活動を開始。

デビュー以来、TwitterやFacebookは利用していないと発表し続けていたが、2016年6月26日よりTwitterに限り本人の公式アカウントを開設。後に公式Instagramも開設された。

2019年4月11日、即時型アレルギー疑いによる急性蕁麻疹のため、芸能活動を一時休業することが発表された。休業に伴い同月に予定されていたAqoursのアジアツアー4公演の出演を見合わせた。同月25日より活動の一部を再開。

2019年8月、「DJ小宮有紗」としてエイベックスによるアニメソング普及プロジェクト「OMOTENASHI BEATS」への参画が発表された。10月、『Anime Rave Festival』に出演。12月、シンガポールで行われた『アニメ・フェスティバル・アジア シンガポール 2019』に出演。2020年1月には、3月に行われる『Re:animation 14』への出演が発表されていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、開催延期が発表された。6月以降は『ASOBINOTES ONLINE FES』『OMOTENASHI MATSURI』などのオンラインイベントに出演している。

2020年、『13月の女の子』の穴森一穂役で映画初主演。

人物

芸能界入りしてからは、テレビドラマ・特撮を主に、女優としてキャリアを積み重ねてきた。2015年に放送開始した『ラブライブ!サンシャイン!!』の黒澤ダイヤ役で声優に、そしてAqoursとしてライブパフォーマンスに挑戦することになったが、「『ゴーバスターズ』(2012年 - 2013年)で声優と一緒に携わることがきっかけで刺激を受けて興味が湧いたから」「一つのことに縛られずに、いろいろなお芝居をしてみたいという想いがずっとあったから」だと述べている。また、女優活動を積み重ねる過程で、「お芝居の中で、耳から入ってくる情報が多いことを知って、声ってすごく大事な要素なんだということがわかったから」と述べている。更に、直前の2014年に舞台『ファンシースターオンライン2-ON STAGE-』で、サンシャイン!!の前作である『ラブライブ!』の主人公・高坂穂乃果役の新田恵海と共演しており、その縁でラブライブ!を知り、そこからの流れでAqoursのメンバーになれたとして、「感謝してもしきれない」と“ラブライブ!シリーズキャスト同士”で再共演した際に明かしている。

声優に挑戦する際は、不安があったが親交のある声優から「声だけで作ろうとせず、普段のお芝居を声に集中する感じでやってみたら」とアドバイスを受けた。また、女優活動は基本的に「一人きりで、自分との戦いという面が強い」一方で、声優およびAqoursでの活動は、「みんなで一緒にいい作品を作り上げていきたいという思いが強い」と、それぞれの活動の違いについて言及している。また、「小さいころに歌って踊る人をかわいいなと思って見てはいましたが、自分がその立場になるとは思っていなかった」とあり、Aqoursの活動は「素敵な経験であり、純粋に楽しみにしている自分がいる」とのこと。

Aqoursのメンバーについて、「それぞれ自分の得意としていること、基礎にしているものが違う、それでいて目指すところがいつも同じだからこそ、互いに吸収できることがある、切磋琢磨できる、同じ方向を向いてお芝居や歌に打ち込むことができる」と述べている。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。