お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

平野綾



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

平野 綾(ひらの あや、1987年10月8日 - )は、日本の声優、女優、歌手、アイドル、タレント、ラジオパーソナリティ。愛知県名古屋市出身。当時、仕事と学業の両立が難しく玉川大学芸術学部を中退。Grick所属。

代表作に『涼宮ハルヒの憂鬱』(涼宮ハルヒ役) 、『らき☆すた』(泉こなた役)、『DEATH NOTE』(弥海砂役)、『NANA』(芹澤レイラ役)、『FAIRY TAIL』(ルーシィ・ハートフィリア役)、『それいけ!アンパンマン』(コキンちゃん役) などがある。


人物

子供の頃は父親の仕事の関係でニューヨークに住んでいた。本場のブロードウェイ・ミュージカルを見たのがきっかけで、初めての夢はミュージカル・スターとなる。

小学高学年で芸能界に入ることを決め、「今からこの仕事を選ぶなら一生の仕事になるように」と言われて両親と約束をしたことを述べている。迷った時も悩んだ時もそれを忘れないように心がけている。 「アニー」のオーディションがあったが、前日に熱が出たりするなどのあがり症(2019年のうたコンではアニーの劇中歌「トゥモロー」を歌唱することができた)。

中学生の頃に時々目が見えなくなる、偏頭痛になった際に、病院の検査で脳に腫瘍が見つかり、脳下垂体腺腫という難病を患っていることを告白した。この持病から普段は辛いものと冷たいものが食べれなかった。症状として腫瘍が目の神経に触れて、目が見えなくなったり、言葉が出づらくなったりする。当初は言語がおかしくなったり、記憶が飛ぶこともあった。一時は手術も考えたが、手術の際に鼻の骨を砕く、声が変わると言う理由で手術に踏み切れなかった。

明るいキャラクターで知られているが、元々は大人しい性格であまり喋らず、読書好きということもあり学生時代は一人で本を読んでいるタイプ。読書好きと言うこともあり、当初は涼宮ハルヒ役ではなく長門有希役のオーディションを受けていた。

『涼宮ハルヒの憂鬱』の音響監督を務めた鶴岡陽太からは、「声のキャパシティーの大きさ。ハルヒは感情のふり幅が大きいので、キイキイしない幅の広さがポイントでした」とハルヒ役に起用した理由を語られている。

声優になるまでの基礎をきちんと学んでいなかった(養成所などでレッスンを受けたわけではないため)ことから、レギュラーの仕事が増えても、声優としての自信がいつまでも持てなかったと語っている。 また、短期留学した際には、ボイストレーニングの先生には「ニューヨークにひとりでレッスンに来ていることの意味が分かる?」と言われ、自分に対してのハードルが高すぎたことに気づき、自分を褒めることも大切なのだと学んだという。

『ハルヒ』出演時は、「普段の性格とハルヒの性格はギャップがあり、自分が思っている以上にファンから求められるのがハルヒそのもので悩んでいた。」「しかし、全ての行動をお芝居だと解釈することで、発言やステージの立ち方までハルヒに寄せることで乗り切っていた。」「苦悩した時もあったが、諦めない粘り強さを持つハルヒの思考にいつも励まされていた」とのちに述べている。

2006年に高校を卒業。なお、玉川大学芸術学部に進学したが、『涼宮ハルヒの憂鬱』の大ヒットで多忙な生活となり、学業との両立が難しく過労で体調を崩すことが多かったため2週間ほどで休学、のちに退学する。

様々なタイプのキャラクターの声を演じ分けることができ、例えば『らき☆すた』では、主人公・泉こなたの他に、ゲストの涼宮ハルヒ、『クレヨンしんちゃん』の野原しんのすけのものまねなどもアニメ内で演じている他、TVアニメ『らき☆すた』エンディングテーマ集 〜ある日のカラオケボックス〜に収録されている歌には、1曲の中で「泉こなた」の声と、それとは違う声を使い分けている様子が収録されている。

宝塚歌劇団を小さい頃から観ていて、高校生の頃は友人の影響もあって更にのめり込み、公演に通っていた。 一番熱心に追いかけていた頃のトップは和央ようか・花總まりである。そのため花總とミュージカル『レディ・ベス』で共演することが決まった際には対面した際には「すみません、実はファンです」とまず告白した。水夏希も好きだという。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。