お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

山崎育三郎



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

山崎 育三郎(やまざき いくさぶろう、1986年1月18日 - )は、日本のミュージカル俳優、歌手である。東京都出身。研音所属。StarS、IMYのメンバー。妻は元モーニング娘で、歌手・タレントの安倍なつみ。

略歴

企業戦士の父と、歌の大好きな母との間に3男として生まれる。兄弟は4歳上の長兄、2歳上の次兄、本人、2歳下の弟の4人兄弟。

幼い頃は、甘えん坊で引っ込み思案な少年だった。幼稚園のときにアニーをみて感動。CDを購入し何度もアニーの曲を歌っていた。音程の確かな歌声をきき、引っ込み思案を心配していた母が、なにかの自信になればと歌のレッスンをすすめ、小学校3年生のときに通うことになった。1997年、全国童謡コンクールにて審査員特別賞を受賞。

歌を始める前に力を注いでいたのは野球。小学校1年生のときに、高輪クラブという地元の少年野球チームに入団。4年生のときに、低学年チームのキャプテンをまかされる。6年生のときには副キャプテンを務め、全国ベスト8の成績を残す。

ちょうど同じごろ、歌の先生から小椋佳さん企画のアルゴミュージカル『フラワー』のオーディションを勧められ、初挑戦。3000人の中から主役に抜擢され、 1998年、アルゴミュージカルに主演。厳しいレッスンを乗り越え、本番初日のカーテンコールの拍手に感動。野球選手になる夢もあったが、「野球でなく、この世界で僕はいきていきたい」とミュージカル俳優になることを決心。以後、中学3年で変声期を迎えるまで舞台・テレビなどに出演。

変声期を迎え、オーディションに受からなくなる日々に絶望的な気持ちを味わう。母をはじめクラシックの先生の勧めで、ミュージカルをやるならクラシックや声楽などの基礎勉強をすすめられ、音楽系の高校受験を決心。中学3年の夏休みから、受験勉強を開始し、楽器を習ったことがない状態から、受験科目にあるピアノなどを猛特訓した。

2001年4月、東邦音楽大学附属東邦高等学校声楽科に入学。留学経験のある兄二人の影響をうけ、2002年7月、アメリカ合衆国ミズーリ州にあるノースカントリー・ハイスクールへ語学留学。2003年5月、全米高校生クラシック声楽コンクールのミズーリ州大会にて上位入賞、同年6月に帰国し同年9月より高校2年生2学期開始。帰国後は、家族がそれぞれ別の場所で活動していたため、要介護の祖父母と3人暮らし。学校と介護の両立を続けた。

2001年4月、東邦音楽大学附属東邦高等学校声楽科に入学。2002年7月、アメリカ合衆国ミズーリ州にあるノースカントリー・ハイスクールへ語学留学。2003年5月、全米高校生クラシック声楽コンクールのミズーリ州大会にて上位入賞、同年6月に帰国し同年9月より高校2年生2学期開始。

2004年2月、Music Power Station東京大会出場。2004年3月、ソニーミュージックSDオーディションで約2万人の中から最終10名に選出される。2005年3月、東邦音楽大学附属東邦高等学校声楽科を卒業。2006年9月、東京音楽大学声楽演奏家コース2年中途退学。

2007年、日本上演20周年の『レ・ミゼラブル』でマリウス役として正式デビュー。2007年11月14日、ボーカルグループESCOLTAのメンバーとしてアルバム『愛の流星群』でメジャーデビュー、2008年12月末までESCOLTAに所属。2008年、初主演映画『夏休みのような1ヵ月』が公開。2009年、TBSテレビ『さんまのSUPERからくりTV』内の企画バンド「サザエオールスターズ」にボーカリストとして加入。2009年12月、舞台『パッチギ!』で初のストレートプレイ出演。

2010年6月23日、UNIVERSAL Jよりアルバム『愛の五線譜』でソロデビュー。同年6月30日、C.C.Lemonホール(現:渋谷公会堂)でソロデビュー・コンサートを開催。同年7月31日、『夏休みフィギュアスケート名曲コンサート〜スケート・ファンタジー IN SUMMER2010〜』で初司会。

2011年4月、『モーツァルト!』での演技により第36回菊田一夫演劇賞・演劇賞を受賞。2013年5月8日、井上芳雄、浦井健治とのユニットのStarSとしてミニアルバム『StarS』でデビュー。2014年4月1日、アトリエ・ダンカンから研音へ移籍。


2016年、カバーアルバム『1936 〜your songs〜』で、第58回日本レコード大賞・企画賞を受賞。

2018年、『世界の村のどエライさん』にて千鳥と高見侑里と共にMCを務めバラエティー番組初MC。

2019年1月23日、尾上松也、城田優とユニット『IMY(あいまい)』を結成。ユニット名は3人の名前のアルファベットの頭文字を組み合わせたものである。同年4月20日にBunkamuraオーチャードホールで旗揚げ公演が開催されることも併せて発表した。また、旗揚げ公演に先駆けニッポン放送において特別番組が放送される。

人物


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。