お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティは創刊15周年!

古今亭志ん輔



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

古今亭 志ん輔(ここんてい しんすけ、本名:大塚 英夫(おおつか ひでお)、1953年9月25日 - )は、東京都品川区出身の落語家。落語協会所属(理事)。中央大学附属高等学校出身。出囃子は『越後獅子』。

略歴

1972年3月に3代目古今亭志ん朝に入門、前座名は朝助。1977年3月に二つ目に昇進。師匠志ん朝の前名古今亭朝太に改名。1985年9月に真打に昇進して志ん輔を襲名した。この年の落語協会の真打昇進は、試験制度による抜擢を受けた桂三木助の26人抜きが話題を集めたが、10人の昇進者中のトップとして三木助と共に9月下席から単独で披露興行を行った。季刊『落語』誌(1985年秋号)は、早くから実力を認められながら本人と師匠の意向で年功順に受けられる段階まで試験受験を回避した経緯が考慮されたものと評した。同期の昇進者には9代目桂文治門下から移籍してきた古今亭朝次(現:7代目桂才賀)や、二つ目時代からの盟友入船亭扇遊、抜擢組の柳家小ゑんや春風亭正朝がいる。

現在、都内定席の高座を務める他、自主興行も開催している。主なものに、「気軽に志ん輔」(お江戸日本橋亭)、「志ん輔の会」(国立演芸場)がある。また、シェイクスピア作品を土台とした「シェイクスピア落語を楽しむ会」に出演する。

志ん朝一門の後輩の育成にも取り組み、当時二つ目だった古今亭朝太(現:志ん陽)・古今亭志ん公(現:5代目志ん好)・桂才紫(現:3代目やまと)とともに「たまごの会」を池上実相寺・池袋演芸場で開催していた。その後、同会は落語芸術協会にも門扉を開いた。

その一方で、後述の15年間に渡ってレギュラー出演したNHKの『おかあさんといっしょ』で落語を披露したのを皮切りに、子供向けの落語CDや子供・親子向けの落語会に積極的に出演するなど、幅広い世代へ落語の知名度向上にも取り組んでいる。

2014年10月、神田須田町にオープンした落語・講談の二ツ目専用寄席「神田連雀亭」にプロデューサーとして関わっている。2015年3月には巣鴨にて同様の二つ目専用寄席「巣鴨獅子座」も立ち上げている。

エピソード

1984年4月より、NHKの『おかあさんといっしょ』に15年間に渡ってレギュラー出演し、「志ん輔ショー」(当初は「朝太ショー」)のコーナーを担当。本業である落語も披露している。コーナー末期になるにつれて披露する落語が増えていき、より幅広い世代に落語を知ってもらうきっかけとなった。15年間というレギュラー出演は番組のメインであるお兄さん・お姉さん以外のレギュラーでありながら、歴代出演者の中では最長となっている。

ファミリーコンサートにも何度か登場し、普段の『古今亭志ん輔』としてではなく、そのコンサートのキーパーソンとなる様々なキャラクターに扮して登場していた。コンサートではお兄さん・お姉さんに対抗して歌った事もあり、『イカイカイルカ』や『さんぞくブルース』を歌唱している。なお、ファミリーコンサートでの出演者名簿では、毎回筆頭(お兄さん・お姉さん達よりも先)であった。『イカイカイルカ』はお兄さん・お姉さんに先んじて番組内で最初に『イカイカイルカ』を歌った人物でもある

1984年10月31日放映のテレビアニメ『うる星やつら』第153話「燃えよかくし芸! この道一直線」において、落語家役として声の出演をしており、『唐茄子屋政談』の一部を演じている。

1999年4月3日をもって「志ん輔ショー」が終了し、速水けんたろう(8代目うたのおにいさん)、茂森あゆみ(17代目うたのおねえさん)、松野ちか(2代目身体表現のおねえさん)と共に番組を卒業した。1999年4月5日の同番組冒頭では、ヘビくんとブタくんと共にお別れの挨拶をした。

2013年1月4日の「おかあさんといっしょ 新春!初笑いスペシャル」で、14年ぶりにゲストとして出演し、2013年当時のお兄さんお姉さんと共演した。

バンダイビジュアル制作の子供向けビデオ「のりもの探険隊」の隊長役を2005年まで務めた。

2015年11月1日の『ワンワンパッコロ!キャラともワールド』にゲスト出演し、16年ぶりにワンワンと共演した。

出演(子供向け)


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。