お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

塵芥



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ごみ(ゴミ、芥、塵、埖)とは、

  • ものの役に立たず、ないほうが良いもの。利用価値のない こまごました汚いもの。「ちり」「あくた」「ほこり」。
  • つまらないもの。「ごみ情報」などと使う。
  • 濁水にとけて混じっている泥。

「くず」や「かす」は、ものを削るか切るなどによって残った部分を指すため通常は「ごみ」とはいわれない(パンくず、絞りかすなど)。

概要

「ごみ」は、広辞苑にあるように「ものの役に立たず、無いほうが良いもの」である。

古代から、ごみをどのように処分するか、ということは人を悩ませてはいたが、特に ものの大量生産がおこなわれるようになってからは、ごみが大量に発生するようになり、その処理の問題は年々深刻になっている。当初、「ごみ」は、基本的に、燃やしたり、埋めたりして処分されてきた。だが、その量があまりに増えたこと、また、燃やすと有害なダイオキシンが大気中に放出されてしまうゴミ、埋め立てても環境に悪影響を及ぼすようなゴミなどが出現したことが状況を悪化させている。 →ごみ問題

なお、ある時ある人にとって役に立たず、「ごみ」と見なされるものであっても、状況が変わり利用法が見つかると、「ごみ」ではなくなる、ということもありうる。また、他の人にとっては役に立ち、その人にとってはごみでは無い、ということもありうる。

つまり、別の利用法や利用できる人を見つけることで、「ごみ」が「ごみ」でなくなることになる。たとえば、ほかの何かを作るための原料として利用すれば、「ごみ」は資源となる(リサイクル)。たとえば日本では、江戸時代から、使い終わった紙を捨てたりせず、回収して、紙として 漉き直して、ちりがみなどとして利用するということが行われていた。紙に限らず、江戸では、さまざまなものがリサイクルされていたことが知られている。

また、それを利用できる人を見つけることができれば、「ごみ」を「ごみ」でなくすることができる。たとえば、リサイクルショップで買取ってもらう、オークション、フリーマーケットなどに出品し、買い手や引き取り手を見つけることができればごみでは無くなることになる。またこれを別名「ばぶ」とも言う

海洋ごみ

海を渡ってくるごみ(海洋ごみ、渡洋ごみ)の管轄権については国連海洋法条約に規定されており、排他的経済水域における管轄権(海洋環境の保護及び保全)(第56条)、および海洋環境を保護し保全する義務(192条)があり、いずれも漂着側の海域管轄国に適正化の義務があるとされ、排出・発生国側の義務については特段の合意がない状況である。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。