お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

望月哲也



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

望月 哲也(もちづき てつや、1973年9月1日 - )は、日本の声楽家(テノール)。聖徳大学兼任講師。東京都府中市出身。2007年に87歳で亡くなった国際的なテノール歌手、エルンスト・ヘフリガー最晩年の愛弟子のひとり。

略歴

東京都立府中西高等学校を卒業後、東京芸術大学音楽学部声楽科に進み、東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程オペラ科修了。大学在学中に安宅賞、松田トシ賞受賞。また、NTTドコモより奨学金授与。その後、二期会オペラスタジオに入所、修了時に最優秀賞、川崎靜子賞を受賞。その他、第35回日伊声楽コンコルソ第3位、第11回奏楽堂日本歌曲コンクール第2位、第70回日本音楽コンクールオペラ・アリア部門第2位入賞など。

活動歴

これまでに《魔笛》《コジ・ファン・トゥッテ》《こうもり》《椿姫》《愛の妙薬》等に出演。2002年には小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトに参加し、《ドン・ジョヴァンニ》(演奏会形式)のドン・オッターヴィオ役で出演、また、二期会公演《ポッペアの戴冠》ではネローネ役を演じる。2004年7月の二期会公演《ドン・ジョヴァンニ》(宮本亜門演出)にも出演した。レパートリーは、通常のオペラ・声楽作品にとどまらず、宗教音楽の分野でもその活躍は目覚ましい。望月の師匠であるエルンスト・ヘフリガーは生前、エヴァンゲリスト歌手として世界的な名声を得ていたが、望月も師匠に倣って、バッハ《マタイ受難曲》《ヨハネ受難曲》《クリスマス・オラトリオ》のエヴァンゲリストや、ヘンデル《メサイア》ベートーヴェン《ミサ・ソレムニス》等の公演にも多数出演している。ウォルフガング・サヴァリッシュ指揮のNHK交響楽団等、著名な指揮者・オーケストラとの共演も多い。二期会会員。

脚注

外部リンク

  • オフィシャルブログ
  • 二期会21ピックアップアーティスト・インタビュー記事

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
10名限定!4,500円(全席指定・税込) → 3,500円さらに100Pゲット!
2019年11月3日 (日)
浦安音楽ホール

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席:6,000円
U25(25歳以下):1,500円
(全席指定・税込)

※U25はご来場の際、必ずご年齢を確認できる証明書(学生証・健康保険証・自動車 運転免許証など)をお持ちください。
2020年3月20日 (金) 〜
2020年3月22日 (日)
第一生命ホール