CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 佐藤修二

佐藤修二

佐藤修二



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

佐藤 修二(さとう しゅうじ、1945年4月9日 - )は、日本の天文学者。名古屋大学理学部名誉教授。専門は赤外線天文学。

来歴・人物

福岡県出身。1968年京都大学理学部物理学科卒業、1973年京都大学大学院理学研究科物理学第二専攻博士課程修了、理学博士号を取得した。同年京都大学理学部助手、1987年東京大学附属東京天文台助教授、翌1988年国立天文台光学・赤外線天文学研究系助教授、1992年名古屋大学理学部教授。2003年名古屋大学大学院理学研究科教授。

大学院時代は宇宙線研究室に所属し、奥田治之に師事した。佐藤の弟子に田村元秀がいる。日本天文学会・アメリカ天文学会会員。

業績

 1970年代、天体赤外線望遠鏡を長野県上松町の山中に建設して、我が国の赤外線天文学の端緒を拓いた。1980年代、ハワイ・マウナケア山頂の望遠鏡(UH/UKIRT)、オーストラリア(ストロムロ、サイディングスプリング)、米国本土(アリゾナ、ワイオミング)等に自前の装置を展開して観測研究を行なった。1987年東京大学東京天文台(現在の国立天文台)に異動、アメリカ合衆国ハワイ州マウナケアに建設することになる「すばる」望遠鏡のための開発基盤を整備した。1992年名古屋大学に転勤して、“可視赤外撮像分光偏光測定装置“(TRISPEC;Triple-Range Imager and SPECtrograph with Polarimetry)を制作、それを用いて2000〜03年にマウナケアおよび岡山で観測研究を行なった。2004年から広島大学に協力して東広島にかなた望遠鏡を建設、TRISPECを搭載して観測研究を行なった。1998年から赤外線掃天装置(IRSF+SIRIUS)を制作、2000年に南アフリカ・サザーランド観測所に設置して観測研究を行なった。2009年以降、小型観測装置(可視3色偏光測定装置;TRIPOL; Triple-Range Imager with POLarimetry)を東アジア(台湾、韓国、中国、NZ、日本)に6台配置して共同研究を実施中。

脚注・出典

外部リンク

  • いつでも子供の目に戻る天文学者 佐藤修二先生(理学部・Z研) - 名古屋大学光赤外線天文学研究室公式サイト内のページ