お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティ創刊14周年

愛音羽麗



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

愛音 羽麗(あいね はれい、5月24日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団花組の男役。

大阪府豊中市生まれ、大阪府立少路高等学校出身。公称身長168cm、血液型O型。宝塚歌劇団時代の愛称は「みわっち」、「みわ」、「あやこ」。

来歴・人物

初めて宝塚公演を見たのは「キス・ミー・ケイト」。その後母と一緒に大劇場へ通っていたが、当初は宝塚の舞台には、あまり興味が無かった。

しかし気が付くと熱心なファンになっており、中でも中学の時に見た『ベルサイユのばら』(76期生初舞台公演)の印象は強烈で(それまで男役という概念が無く、舞台にいた全員が女性だったことに愕然とした)、これがきっかけで音楽学校の受験を決意した。

その後、試験に向けて、バレエと声楽のレッスンを始めた。当初は娘役志望で輪っかが入った(裾が大きく広がる)ドレスを着るのが夢だったという。

1995年、宝塚音楽学校入学。第83期生。同期には天勢いづる、彩乃かなみ、紫城るい、琴まりえ、悠未ひろ等がいる。

1997年、宝塚歌劇団入団。入団時の成績は6番。「仮面のロマネスク」で初舞台後、花組に配属。

美形男役として注目を集め、少年役に選ばれることが多かった。2001年「〜夢と孤独の果てに〜 ルートヴィヒII世」ではルートヴィヒの少年時代に、さらに同新人公演では国王に寵愛されるホルニヒ役に抜擢を受ける。さらには女役としても、「琥珀色の雨にぬれて」新人公演ではベテラン女役・矢代鴻の演じたエヴァ役が与えられた。

2003年、最後の新人公演「野風の笛」で初主演を果たす。以来芸域の広さを武器に、若手スターとしてキャリアを積む。

2007年、「舞姫」でバウホール単独初主演を果たす。当初はバウホール公演のみの予定だったが、好評を得て翌年に日本青年館で再演した。

2012年、『サン=テグジュペリ −「星の王子さま」になった操縦士(パイロット)−』/『CONGA!!』の東京公演千秋楽(2012年10月14日)付けをもって、宝塚歌劇団を退団。

2013年、『私のダーリン』で退団後初舞台出演を果たす。

2014年、太鼓芸能集団・鼓童のメンバーである小田洋介との結婚を発表。

同年、『10 Carats Fabulous Revue Boys II』では演出助手を担当。

2016年、第1子妊娠を発表。

エピソード


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。