お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カブキグラス5周年

前島亜美



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

前島 亜美(まえしま あみ、1997年11月22日 - )は、日本の女優、声優、タレント。SUPER☆GiRLSの元メンバー。

埼玉県出身。エイベックス・マネジメント所属。SUPER☆GiRLSでの愛称は、あみた

略歴

2010年6月12日、『avex アイドルオーディション 2010』に合格し、女性アイドルグループ・SUPER☆GiRLSのメンバーとなる。2011年からはグループの活動と並行してソロ活動を行うようになり、ティーン向けファッション雑誌『ピチレモン』(学研パブリッシング)の専属モデルやテレビドラマ、テレビアニメの声優、CM出演など活動の場を広げている。

2012年1月27日に1stソロ写真集『あみた』(学研パブリッシング)、2013年3月8日に2nd写真集『前島亜美』(学研教育出版)を発売。

2017年3月31日をもってSUPER☆GiRLSを卒業し、ソロ活動へ移行した。

人物

SUPER☆GiRLS結成当初から中心メンバーとして活動しているが、オーディションの投票審査では上位10名に入れず、審査員選考によって最終候補者となった。また、第2次審査後に、「この先は難しいだろう」という家族の判断でオーディションを一度辞退していたことが、のちにスタッフブログで明らかにされた。

SUPER☆GiRLSでの公式ニックネームは「あみた」、イメージカラー(超絶カラー)はローズピンク、キャッチコピーは「変な声でも優等生っ空手キックで〜 がんばるやいっ!」(2014年2月23日までは「超絶妹系アイドル 最年少でもがんばるやい!」)。なお、「あみた」という愛称は、『すイエんサー』や『ピチレモン』でもそのまま使われている。

趣味は、読書、アニメ鑑賞。特技は空手で、極真空手(極真館 春日部支部)の茶帯を持つ。オーディションの決勝大会では空手の型を披露した。またテレビやイベントに出演する際に、特技として蹴りを披露することがある。強烈ではあるものの、出演者や視聴者を笑顔にする蹴りは評価が高い。

好きな言葉・座右の銘は「やらないで後悔より、やって後悔」。好きな食べ物はお菓子、スイーツ、甘いもの、春雨。嫌いな食べ物は苦いもの。辛いものも苦手だったが、後に克服し、からしとワサビは好物になった。

Berryz工房の嗣永桃子の大ファンであり、「小学生の頃にひと目惚れしたのが、Berryz工房の嗣永桃子さん。かわいい声で歌って踊る姿に小さいながらに衝撃を受けて。それからずっと憧れているし、いまでも応援し続けてます」と語っている。また、「なぜアイドルになろうと思いましたか?」との問いに対し、「小学校低学年のころからハロプロ、特にBerryz工房さんが大好きで」と答え、「好きなアイドルグループと、その中の好きなメンバーを挙げてください」との問いには「Berryz工房の嗣永桃子さんは女性としてもアイドルとしても憧れの存在。あと、SKE48の木本花音さん」と答えている。木本とはメール友達であることを自身のブログで明かしている。一方の木本も「前島亜美ちゃんとは普段も仲良し。見た目も声も“ザ・アイドル”って感じで、かわいくて憧れています」と述べている。

家族構成は父・母・姉・妹の5人家族。出生時の体重は4,300グラム。「亜美」という名前の由来については、「ほんとはアジア(亜細亜)を意識して『亜海』だったけど、苗字との画数が悪くて『亜美』になったそうです!」と述べている。

作品

参加楽曲


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
一般:5,000円
小学生以下:3,000円
(全席指定・税込)

※小学生以下チケットの方は、年齢の分かるものをご提示いただく場合がございます。
2018年8月8日 (水) 〜
2018年8月19日 (日)
三越劇場
販売終了

取扱中の公演
直前販売

<カンフェティ取扱チケット>
【指定席引換券】
一般:5,000円
小学生以下:3,000円※
(税込)

※当日、年齢のわかるものをご提示いただく場合がございます。
2018年8月8日 (水) 〜
2018年8月19日 (日)
三越劇場

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
22名限定!S席8,000円 → カンフェティ特別価格!(チケット購入ページにて公開!)さらに100Pゲット!
2018年11月2日 (金) 〜
2018年11月11日 (日)
サンシャイン劇場