お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

澤畑恵美



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

澤畑 恵美(さわはた えみ)は、日本の声楽家(ソプラノ)、オペラ歌手、音楽教育者。新字体で沢畑と記載される場合がある。夫は東京都交響楽団コンサートマスターの矢部達哉。息子はチェロ奏者の矢部優典。

経歴

埼玉県出身。埼玉県立秩父高等学校卒業。国立音楽大学卒業。同大学大学院修了。佐藤峰子、別所恵子に師事。文化庁オペラ研修所第7期生修了。

オペラ出演記録の初出は1987年(昭和62年)西麻布オペレッタホール レハール『ルクセンブルク伯爵』ジュリエット・ヴェルモンである。1988年(昭和63年)日本オペレッタ協会 カールマン『伯爵令嬢マリツァ』リーザ、1990年(平成2年)日本オペラ協会 原嘉壽子『よさこい節 - 高知情話 純信お馬 - 』主役お馬を務めている。同年 日本オペレッタ協会 レハール『微笑みの国』主役リーザの出演歴もあるなど、オペレッタで経験を積んでいる。同年 二期会 モーツァルト『フィガロの結婚』スザンナに抜擢される。同年 文化庁派遣芸術家在外研修員として1年間ミラノへ留学。歌唱をマリア・ミネット、発声をラウラ・ロンディの諸氏に師事。

1991年(平成3年)帰国以後も舞台を重ね、『よさこい節 - 高知情話 純信お馬 - 』お馬再演、ヨハン・シュトラウス2世『こうもり』アデーレ、『微笑みの国』リーザ再演、團伊玖磨『夕鶴』つう、三木稔『春琴抄』春琴、ビゼー『カルメン』ミカエラ、ベートーヴェン『フィデリオ』マルツェリーネ、ロンバーグ『学生王子』ケティー、リヒャルト・シュトラウス『ナクソス島のアリアドネ』ツェルビネッタ、モーツァルト『魔笛』夜の女王(抜粋、演奏会形式)等多くの公演に出演。

1997年(平成9年)新国立劇場開場記念公演 團伊玖磨『建・TAKERU』春乃、1998年(平成10年)新国立劇場・二期会共催 リヒャルト・シュトラウス『アラベッラ』ズデンカ、2000年(平成12年)二期会 ブリテン『真夏の夜の夢』ヘレナ、新国立劇場『魔笛』パミーナ、2001年(平成13年)二期会『こうもり』アデーレ、2002年(平成14年)二期会創立50周年記念公演 ヴェルディ『椿姫』ヴィオレッタ。2003年(平成15年)同記念公演=ケルン市立歌劇場 リヒャルト・シュトラウス『ばらの騎士』では演出家ギュンター・クレーマーのもとでゾフィーを務めた。2004年(平成16年)より錦織健プロデュース ロッシーニ『セビリアの理髪師』ロジーナ、同 モーツァルト『ドン・ジョヴァンニ』ドンナ・エルヴィーラで全国公演。2007年(平成19年)東京二期会公演 オッフェンバック『天国と地獄』ユーリディス、2008年(平成20年)びわ湖ホールと神奈川県民ホールでアンドレアス・ホモキ演出『ばらの騎士』ゾフィー、2009年(平成21年)東京二期会『椿姫』ヴィオレッタ、2010年(平成22年)再びびわ湖ホールと神奈川県民ホールでアンドレアス・ホモキ演出 プッチーニ『ラ・ボエーム』ミミ、同年 東京二期会 レハール『メリー・ウィドウ』ハンナ、2011年(平成23年)東京二期会 モーツァルト『フィガロの結婚』伯爵夫人と、次々と重要な役をこなしている。2015年(平成27年)には東京二期会 ヨハン・シュトラウスII『ウィーン気質』伯爵夫人、2016年(平成28年)新国立劇場『夕鶴』つう、同年 いずみホール『ドン・ジョヴァンニ』ドンナ・エルヴィーラ、2017年(平成29年)東京二期会&ベルリン・コーミッシェ・オーパー提携公演『こうもり』ロザリンデと活躍を続けている。

コンサートでもモーツァルト『レクイエム』、ベートーヴェン『第九』『ミサ・ソレムニス』、メンデルスゾーン交響曲第2番『讃歌』、マーラー交響曲第2番、交響曲第4番、交響曲第8番『千人の交響曲』、ヴェルディ『レクイエム』、ヘンデル『メサイア』等のソリストとして、エリアフ・インバル、ゲルト・アルブレヒト、セルジュ・コミッショーナ、ジャン・フルネ、ガリー・ベルティーニ、金聖響、小林研一郎、ジェイムズ・デプリースト、秋山和慶、石丸寛、大友直人、ジャンルイージ・ジェルメッティ、下野竜也、山下一史、佐渡裕、佐藤功太郎、田中良和、朝比奈隆などの著名指揮者や、東京都交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、NHK交響楽団、読売日本交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、群馬交響楽団など主要オーケストラとの共演も数多い。2004年(平成16年)ズデニェク・マーカル指揮チェコフィルハーモニー管弦楽団『第九』にソリストとして出演。2014年(平成26年)にはサントリーホール大ホールでの玉置浩二、大島幾雄&NHK交響楽団とのコラボコンサートにも出演している。2015年(平成27年)は紀尾井シンフォニエッタ東京(指揮:阪哲朗)第102回定期演奏会にてリヒャルト・シュトラウスの歌曲をオーケストラ伴奏で歌った。2019年(令和元年)にも東京オペラシティコンサートホールにて国立音楽大学第131回オーケストラ定期演奏会に出演しリヒャルト・シュトラウス『4つの最後の歌』を歌っている。

リサイタルに関しても全国各地で数多く取り組んでいる。1999年(平成11年)第9回富士山麓国際音楽祭(静岡県裾野市ほか)に出演。2002年(平成14年)サントリーホールブルーローズで「二期会創立50周年記念 30日連続演奏会 澤畑恵美(S)/黒田博(Br)『私たち、歌が好きなんです。』」に出演。2007年(平成19年)愛知県岡崎市で「澤畑恵美&佐野成宏 夢のデュオ」開催。2008年(平成20年)東京千駄ヶ谷津田ホールにて「歌姫たちの四季春 ソプラノ澤畑恵美」開催。2013年(平成25年)大阪府池田市で「澤畑恵美&福井敬 - 日本のうたとオペラのアリア - 辰巳琢郎をナビゲーターに迎えて」開催。2014年(平成26年)よこすか芸術劇場「美しき日本の歌」コンサートに出演。2015年(平成27年)香川県高松市で「秋川雅史・澤畑恵美&N響メンバーによる弦楽クインテット2015ニューイヤーコンサート」に出演。2016年(平成28年)東京浜離宮朝日ホールでWILPFコンサート澤畑恵美ソプラノリサイタルに出演。2017年(平成29年)広島県・下蒲刈島・蘭島閣美術館で沢畑恵美リサイタル。2019年(平成31年)岩手県釜石市で「澤畑恵美&福井敬 デュオ・リサイタル」を開催。

音楽教育者としても国立音楽大学講師、准教授を経て、2020年現在、同大学教授。国立音楽大学澤畑恵美クラスの声楽発表会は2018年(平成30年)に第17回(17年間)を数えている。門下生には吉田真澄、鶫真衣、内田千陽、宮西一弘、鈴木愛美、西尾友香理、今井実希、Takanori、枡本侑子、安田祥子、宮澤愛菜、上野菜摘、古田真由美、渡壁美和子、岩田瞳、市村美友貴、大竹理恵、島袋奈津子、舘澤美咲、横山だいすけ、宇野友梨香、石井美紗樹、酒井真理子、魚谷香緒里、岩水美稚子、阿部雅子、山田幸、三谷幸、竹内伶奈、柏木沙友里、桑原キャサリンなどがいる。2018年(平成30年)には新潟県立新潟中央高等学校にて特別講座を開催するなど、様々な取り組みを行っている。

主な受賞歴

  • 1989年(平成元年)第58回日本音楽コンクール声楽部門第1位。福沢賞、木下賞、松下賞を受賞
  • 1993年度(平成5年度)第21回ジロー・オペラ賞 1992年『こうもり』のアデーレ、1993年『春琴抄』(三木稔)の春琴役に対して

主な楽界活動

  • 2012年(平成24年)第66回全日本学生音楽コンクール東京大会本選シリーズ声楽部門審査員
  • 2013年(平成25年)第82回日本音楽コンクール本選シリーズ声楽部門審査員
  • 2019年(平成31年)第73回全日本学生音楽コンクール声楽部門全国大会審査員
  • 二期会会員(幹事:任期 − 2022年(令和4年)3月31日)

主なディスコグラフィー

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。