お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

真飛聖



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

真飛 聖まとぶ せい 1976年10月13日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団花組トップスター。所属事務所はワタナベエンターテインメント。

神奈川県川崎市出身。愛称は「ゆう」。下級生時代は「うんた」と呼ばれていたこともある。公称身長169cm、血液型B型。出身校は中延学園高等学校(現、朋優学院高等学校)。

略歴

  • 幼少の頃からバレエを習っていた。
  • 産経新聞の取材によると、宝塚歌劇との出会いは、中学3年のときに友人から勧められたこと。「『ベルサイユのばら』(月組、涼風真世主演)を観て宝塚にはまった友だちから、受けなよって『歌劇』(月刊誌)を見せられて。宝塚のことは全く知らなかったのに、それで入ると決めたんです」と答えた。自身は3歳から始めたバレエに対して「背が高くなってバレリーナにはバランスが悪くなり、続けていけるのかなと思っていた矢先だったからかも。すごい不思議な縁ですよね」とバレエを続けなかった心情も説明している。
  • 1993年、2度目の挑戦で宝塚音楽学校に入学。
  • 1995年3月、81期生として宝塚歌劇団入団。入団時の成績は41人中12番。『国境のない地図』で初舞台。
    • 同期に現役では専科の悠真倫、卒業生では大和悠河、ふづき美世、舞風りら、花瀬みずか、蘭香レアがいる。
  • 同年5月1日、星組に配属。
  • 1996年、『エリザベート』で黒天使役に抜擢される。
  • 1999年、『我が愛は山の彼方に』新人公演で初主演を務める。
  • 2000年、ベルリン公演のメンバーに選抜される。
  • 2002年、『ヴィンターガルテン』で、朝澄けいとのダブル主演で、バウホール公演初主演。
  • 2003年、日生劇場公演『雨に唄えば』では、初の女役に挑戦し、女優リナ・ラモント役を演じる。
  • 2003年12月、初の外部出演『シンデレラ』で王子役を演じた。
  • 2004年、バウホール公演『花のいそぎ』で、バウホール単独初主演を務める。
  • 2005年、初ディナーショー『Sky Blue』開催。

  •  

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。